CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

山椒の実~冷凍保存

野菜直販所で買った山椒の実を、冷凍保存した。

昨年、ブログのお友達hanamomoさんに教わった。

「生のまま冷凍しておいて、煮物を煮るときに入れるといい」と。

目から鱗が落ちた。難しく考えずとも、手間がかからない方法で1年じゅう山椒の実を楽しめると知り、うれしくなった。

 

「冷凍しておくね」

夫にパック入りの山椒の実を見せると、

「肉豆腐が、食べたくなってきたなあ」

と言う。

冷凍した山椒の実は、煮魚にも入れるが、肉豆腐には欠かせない。

なんせ、肉豆腐自体を山椒の風味に合わせ、がらりと変えたのだ。

豚肉から牛肉へ。人参などは入れず、肉と玉葱をさっと煮る。しらたきさえも入れないことも多くなった。牛肉、玉葱、豆腐、そして山椒の実のシンプル肉豆腐が我が家の味として定着していった。

 

庭の山椒は、多くの実はつけない。

収穫した分はじゃこと佃煮にして、産直野菜売り場で手に入れた分を冷凍した。こういうときに田舎はいいなと思う。その季節のものが手軽に手に入る。

隣り町の産直野菜を売る『おいしい市場』で買った、野菜たち。

山椒の実、いっぱい入っていました。

大きめの茎だけをとるのがわたし流。小さな茎は一緒に食べちゃいます。

さっと洗って、水分を布巾で拭きとって。

ジップロックに入れて冷凍。これだけあれば、1年間楽しめます。

じゃこと佃煮にした庭の山椒です。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.