CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

庭の栗で栗ご飯

「朝拾った栗を、お昼に食べられるなんて、いいね」

夫が拾った庭の栗で、栗ご飯を炊いた。新米なので、栗おこわのようにもちもちほっくりと美味しく炊けた。

栗は6つだけだったが、ふたり分なので1合炊き。じゅうぶんだ。

 

じゅうぶんだが、釈然としない。

土曜日に雨と風で落ちた栗を、拾っていった輩がいるらしいのだ。それもきれいさっぱり食べられそうなものは全部。

道路に落ちていたから、いいと思ったのか。

考え始めると、嫌な気分になる。

 

なので、悪い猿だと思うことにした。

靴を履いた悪い猿が、イガを踏み、つるりと栗を拾っていく。毛の生えた長い指に、持ちきれないほどの栗をつかんで。

頭をウキッとかいては栗を落とし、尻をウキッと振ってはまた栗を落とす。そうして、山に帰っていったのだと。

あと少しだけ、木に生っている栗。

足もとには、イガだけが落ちていました。

珈琲豆と比べると、大きさがわかります。でっかい!

土鍋、蓋がちょっと欠けたけど、変わりなく炊けています。

新米の栗ご飯。美味しかった。

生姜焼きと栗ご飯の豪華ランチになりました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.