CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

新玉葱をいただいて

クリーニング屋のおばちゃんに、新玉葱をいただいた。

「水にさらさなくても、切ってからしばらく置いておくと辛みが抜けるよ」

野菜の作り手に、こういう情報を聴けるのは楽しい。

わたしも、お返しをする。

「スーパーに売ってる『ごまわさびドレッシング』が美味しいんですよ。それ、かけて食べてみます」

おばちゃんはほうほうとうなずき、『ごまわさびドレッシング』とメモった。

 

帰り道、梅雨の晴れ間に八ヶ岳が顔を出したので、車を停めた。

ぺたりと山頂に水分の多そうな雲を張りつかせた八ヶ岳を写真に収め、ふたたび車に乗ると、つんと鼻を突く匂い。玉葱だ。

子どもたちは嫌がったが、わたしは嫌いじゃない。

やわらかな気持ちになりながら、車を走らせ、1分ほどで家に着いた。

ドアを開けると、ふたたびつんと鼻を突く匂い。

ナデシコだ。家を建てたときに大工さんにいただいたピンクの宿根草が、毎年この季節に咲く。

 

ああ、緑多き季節なのだと実感する。

冬には感じることのない匂いが、今あふれている。

定点観測地点から見たきのうの夕方の八ヶ岳。

香りを放っていたナデシコ。

紫陽花は少しずつ、花を開いて。

その隣りには、バラが咲いています。

見るからに瑞々しい新玉葱たち。

さっそくいただきました。水にさらしたのと、食感が違う! 美味しい。でもちょっと辛かった(笑)30分じゃ足りなかったかな。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. yasuko より:

    いつも思うのですが八ヶ岳の定点撮影いいですね。
    今日は雲が歌っているようです。ナデシコが香りを放つなんて知らなかったです。
    ガクアジサイはお洒落ですねえ。その隣にはバラ・・・。そして見るからに瑞々しい新玉ねぎたち。
    何と贅沢な?環境でしょう。土の香りがしてきて幸せな気分になりました。
    日常の大変さはさておいて――。

  2. さえ より:

    >yasukoさん
    八ヶ岳、同じく顔をした日はないかと思うくらい表情がありますよね~
    ナデシコは、いい香りなんですよ。
    紫陽花はガクアジサイではなく、普通の紫陽花なんです。まだ中心部分はこれから花開きます。
    自然いっぱいの環境、贅沢なのかもしれませんね~
    草刈りも、中途半端ですけど、楽しんでいます。

  3. hanamomo より:

    いいお付き合いですね、クリーニング屋さんから季節の頂き物なんて!
    先日テレビで俳句の番組を見ていたら題が『たまねぎ』でした。
    私が好きだった一句
    玉ねぎや マトリョウシカの 瞬がず 東京都 田中冬生さん
    入れ子になっているマトリョーシカも何枚も
    着物を着ている玉ねぎをまじろぎもせずに見ているのでしょうか。
    『なんか私と似ているわ~玉ねぎさん』なんて思っていたのでしょうか?

    私も玉ねぎは大好きなものの生は苦手でちょっとレンジにかけて食べています。
    でも生のあの香り大好きなんです。
    2時間ほど置いて食べてみます。いい事伺いました、ありがとう。

  4. さえ より:

    >hanamomoさん
    そうなんです~クリーニング屋さんのおばちゃん、おもしろくて、娘が小さかった頃には、「可愛いから、百円あげちゃう!」って突然おこづかいくれたり。
    長いお付き合いになりました。
    マトリョーシカ!
    たしかに!
    おもしろい句ですね~
    玉葱は、日を通せば甘くて、また違った味わいも楽しめますね~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.