CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

春だなあ♩

三寒四温を繰り返し、どんどん春めいていくこの頃。

庭では一輪目の水仙が花を開き、取り残したふきのとうも咲きだした。

ウォーキングしていても、オオイヌノフグリやホトケノザ、つくしなんかがあちらこちらで目に入ってくる。

春だなあと、うれしくなる。

 

こういうホンモノの春を感じながら、ツクリモノの春もまた感じている。

たまに食べたくなるカップ麺の『鶏だしフォー』を買ったら、蓋が春バージョン。紅白の梅模様だった。やっぱり、春だなあとうれしくなる。

 

2月の初め、スーパーの食料品売り場を歩いていて、おもしろい光景を目にした。バレンタインチョコのブースと、初物のでこぽんの山が並んでいたのだ。

双方、季節モノなんだけど、「ホンモノの季節」と「人間が作り出した季節」があるのだと興味深く眺めた。

 

ツクリモノと言えど、ニセモノとは思わない。カップ麺の春バージョンの蓋も、暖かくなるのに一役買っているかも知れないとも思うのだ。

CIMG8603庭でいちばんに咲いた水仙。まだほかの子たちは蕾です。

CIMG8605取り残したふきのとうも、咲き始めていました。

CIMG8624いっぱい咲いたクリスマスローズたち。

CIMG8626上を向いて咲いている子もいます。

CIMG8619定点観測地点から見た八ヶ岳。雪が少なくなっています。

CIMG8613足もとにはホトケノザが花盛り。

CIMG8615オオイヌノフグリも、いちめんに咲いていました。

CIMG8589つくしんぼも、あちらこちらで顔をのぞかせていますね。

CIMG8571

いつもの鶏だしフォーですが、

CIMG8573

蓋が華やか紅白の梅模様~♩

CIMG8574猫舌のわたしは、カップ麺をいつも器に移して食べています。

 

☆『地球の歩き方』特派員ブログ、更新しました。

【さようならE351系~よろしく!E353系『新型スーパーあずさ』乗車レポート】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. ユミ より:

    久しぶりにフォー、食べたくなりました。
    フォーと梅、似合わない組み合わせですが、いかにも日本的発想ですよね。
    人間が作り出した季節物も大好きです。
    ホンモノの春のつくしは、もう長いこと見てないな~

    ところで韓国、お疲れさまでした。
    パラリンピックの為にいざ、出かけられるご主人とさえさん素敵です。
    でも寒かったんではないですか?

    • さえ より:

      ユミさん
      フォー、美味しいですよね~♩
      と言っても、最近食べるフォーはもっぱらこのカップ麺ですが(笑)
      人が作り出した季節ものって、人の手が加わっているだけあって、温かみがありますよね。
      それと、ユーモアと。
      つくしは、庭にもいっぱい出てきます。スギナになる強敵の雑草です。
      でも眺めるには、可愛いですね♡春を感じます。
      カンヌン、いいお天気に恵まれたせいか、山梨とそう変わらない気温でした。
      ありがとうございます♩
      スキー場とかの方が観戦は寒くて大変だったんじゃないかな?
      上原さんとの出会い、これからも大切にしたいです。パラアイスホッケーの未来のためにできることを、帰って来てからも考えています。

CIMG9620

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.