CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

木苺の実

庭の木苺が、真っ赤な実を揺らしている。

どこからか飛んできた種が根づき、毎年可愛らしい赤い実をつける。特別美味しいというものではないが、摘んで食べたり料理に入れたりして楽しんでいる。

 

今、庭では紫陽花が次々と花を咲かせ色を変えている。

これまで疑問に思ったことはなかったのだが、紫陽花の花を見ていて、はたと気づいた。木苺の実は、小さな粒がいくつも寄り集まり一粒の実を構成している。だが花は、白くシンプルな5弁花だ。なのになぜ、紫陽花のように花がいくつも寄り集まった形で実が生るのか。

 

調べてみると、単純明快な理由だった。

雌しべの数が多いのだ。多くの雌しべで種を作り、繁殖していくためだろう。

花を見て、実を食べて、だからこそ湧いてくる疑問。土に近い暮らしを味わうことで、植物の成り立ちや強さや、ほかにも多くのことを教えてもらっている。

CIMG6858木苺の花です。くちゃっとした情けない感じに咲きます。「ニガイチゴ」という種を噛むと苦いところから名前がつけられた種類みたい。美味しくなさそうな名前(笑)だけど、食べることはできます。

CIMG2060これが実です。美しいです。

CIMG2010収穫して食べました。優しい酸味があって甘みも少しだけ。

CIMG2013サーモンのカルパッチョに合わせたら、ぴったりでした。

CIMG2064庭の紫陽花は、次々と咲いています。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.