CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

桜大根漬けて

大晦日の夜、友人にLINEした。

友人たちとのグループLINEでメリークリスマスと交わしたときに、彼女だけコメントもスタンプもなかった。

2年前、忘年会で4人お泊り女子会をしたことがもう遠い昔に思えるほど、世のなかは変わってしまったが、何かあったのだろうかと気になっていた。

 

--元気?

としか聞くことができなかったが、しばらくして長文で返事が来た。

喪中のハガキをもらって、メリークリスマスとLINEすることができなかった、かえって心配かけちゃったね、お父様のご冥福をお祈りしますとの内容だった。

ホッとした。そして、なあんだ、と思った。

たがいに、心配し合っていたのだ。

考えてみれば、あとのふたりも心配して、スタンプだけのクリスマスLINEを送ってきたのだとわかる。

今年の年明けは、そんな彼女たちの思いが伝わってきて、ホッと温かな気持ちで迎えることができた。

 

今シーズンも、お泊り女子会でみんなで食べた桜大根を漬け、日々楽しんでいる。

またみんなで集まって、大根をつつきながら、何でもないことをしゃべり笑いたい。

今はそれはできないが、今年もよろしくのグループLINEは、富士山オンパレードをリンクして、ちょっとにぎやかにわたしから入れた。

明野の産直野菜売り場に売っていた、赤大根。

なかは、白いんですよね。それが酢漬けにすると、桜色になります。

レモン入りのカンタン酢に漬けました。粒胡椒とローリエを入れるとピクルス風になります。

一日漬けると、ピンクが濃くなります。自然の色だっていうのが不思議なほどきれいなピンクです。

ご飯にも、ワインにも合う、身体にもいい常備菜です。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.