CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

毎年の蒸し穴子

今日は、夫の還暦の誕生日。

義母は、毎年と変わらず誕生日の5日ほど前に蒸し穴子を贈ってくれた。週末は穴子三昧だった。

「誕生日と、庭の木の芽が美味しい頃が重なってよかったね」

「たしかに。木の芽と一緒に食べると美味いよね」

などと言いながら、穴子を堪能した。

 

毎年変わらぬこと、とは言え、ちょっとしたトラブルはあった。

「夕飯、穴子丼にするっていうのはどう?」

「うーん。酢飯にして手巻き風にする?」

「あー、いいね」

などと相談がまとまっていたのだが、副菜を慌ただしく作るうち、ぽろりと記憶がこぼれてしまった。温めた穴子にタレをかけ、そのまま食卓に置く。ご飯はない。

「あのう……、手巻き風にっていうのは?」

ひどく言いにくそうな夫の言葉に、ハッとする。

「おーっ、そうだった、そうだった」

冷凍ご飯をチンして事なきを得たのだが、先日の目玉焼き事件といい、だいじょうぶか自分、と不安になる。

 

アラ還の夫婦なら、普通なのだろうか。

娘たちなら言いそうだ。

「だいたい、普通って何よ?」

「みんな違って、みんないいのさ」

蒸し穴子は1尾ずつ真空パックになっているので、しばらく楽しめます。

週末の晩酌。無限キャベツと栗原はるみレシピの酢の物。

慌ててチンしたご飯を、酢飯にして(笑)山葵がまた合います。

朝食には、う巻き風にして。

純和風の朝ご飯になりました。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【わにわにしちゃいん甲州弁。おもしれーさよー】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. 彩夏 より:

    ダンナ様、お誕生日おめでとうございます どうぞよい1年になりますように。おふたり、お身体に気をつけてまた楽しいお話しを聞かせて下さいませ。

  2. さえ より:

    彩夏さん
    ありがとうございます♡
    まったく失敗ばかりで自分でも笑ってしまいます。
    これからも、温かく見守ってくださいませ。

  3. hanamomo より:

    御主人様 お誕生日おめでとうございます。
    お義母さま、やさしいですね。
    亡くなった義母も家族みんなの誕生日をしっかり覚えていて、特に息子である夫の誕生日には必ず電話をくれました。
    そっれに引き換え我が家の母はとてもあっさりでした。(笑)

    私は穴子が大、大、大好物です。
    贈ってくださった穴子とても美味しそうですね。
    もし差し支えなかったらお店の名前教えていただけないでしょうか?
    お取り寄せできるようだったら嬉しいな~と思います。
    私も六月生まれです。(^-^)

  4. さえ より:

    hanamomoさん
    ありがとうございます。
    義母のことも。わたしの母もあっさりしていて、遠くで暮らしていても元気でいればそれでいいというタイプです。わたしは母似かな(笑)
    穴子は「明石の下村」というところです。検索すれば出てくると思います。
    hanamomoさんも6月生まれなんですね~木の芽が新鮮な季節に、ぜひ、穴子召し上がってください!

  5. ユミ より:

    ご主人様、還暦のお誕生日おめでとうございます!
    毎年の誕生日と違って、新しいstageでの1歩を踏み出す気持ちで迎えた事を思い出しました。
    そういう気持ちってすぐに忘れてしまうけれど、どなたかが還暦を迎える度に、こうして再確認出来ます。
    ご主人様も新しいstageを謳歌して、有意義な60代にしてくださいね。

    今日、早速しめじと買い足したエリンギ、えのき、舞茸をミックスして、冷凍きのこミックスにしてみました。(*^^)v
    次は無限キャベツです!
    穴子、とてもとても美味しそうです~~

  6. さえ より:

    ユミさん
    ありがとうございます♡
    そうですよね~特別ですね~新しいstageかあ。なるほど。
    いきなり明日から、夫は写真を出すグループ展が始まるんです。
    きっと有意義な60代になることでしょう。

    冷凍庫きのこミックス、楽しみですね~
    穴子美味しかったです♪

  7. hanamomo より:

    さえさん、教えてくださってありがとうございました。
    検索したらすぐに出てきました。
    折を見て注文したいと思います。

    • さえ より:

      hanamomoさん
      よかったです~♩
      わたしも夫も、焼き穴子より蒸し穴子の方が好きで、同じ「下村」でもいつからか蒸し穴子をリクエストするようになりました。
      食卓に登場したら、アップしてくださいね~楽しみにしています。

  8. ぱす より:

    ご主人様、お誕生日おめでとうございます。
    還暦でいらっしゃるのですね。
    大好物の穴子のプレゼント。
    いつまでも、息子は息子。そんな、お母さまの思いを感じました。
    好物って、それぞれ親にしてみると、胸に刻まれているものですね。

    ちなみに、うちの夫も好きです(笑)

    「きのう何食べた?」のドラマ。
    こちらでは、見ることができません。テレビ東京の番組は見れないのですよ。
    テレビ大阪で、見ることができるエリアや方法が当地でもあるのですが、我が家は残念ながら見れません!
    テレビ東京制作のドラマ、惹かれるのですが、あきらめています。

    • さえ より:

      ぱすさん
      ありがとうございます♩
      3つ違いなんです。
      義母は、わたしにも孫たちにもいつも気づかって、それぞれプレゼントや手紙を送ってくれます。
      息子はまた、違うんでしょうねえ。
      穴子、わたしも大好きなので、夫婦で楽しんでいます。

      『きのう何食べた?』は、うちも映りません。
      でも、関西ではテレ東観られないって知りませんでした。
      うちは田舎過ぎて、フジもテレ朝もテレ東も電波来ないんです。
      見逃し配信で1週間は無料でネットで観られるので、それを見逃さないように観ています。
      今はネットで契約すればドラマが見られるので便利ですね~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.