CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

海鮮丼と思いやり

先日、娘の芝居を観に行ったとき、ランチに海鮮丼を食べた。

午後2時半過ぎに駆け込んで、なんとかランチ難民にならずに済んだのだが、その店で、あ、いいなと思ったことが2つあった。

 

ひとつは、「ご飯は、普通盛り、少な目、多目が選べます」と言われたこと。

少な目にしようと思っているときでも、オーダーのときに伝え忘れてしまうことが多い。そんなときには、多すぎて食べきれなかったりムリして食べたりすることになる。

しかしいいなと思ったのはそれだけじゃなく、いろいろな人がいて、もちろん食べる量も違っているのだという視点を持つ、お店側の思いやりのようなものを感じたからだ。

 

もうひとつは、「山葵をお醤油にといて、それを回しかけてお召し上がりください」と言われたこと。

海鮮丼でもちらし寿司でも、いつもどうやって食べようかと迷う。具が大きければ、ひとつひとつを山葵醤油につけながら食べることもある。

山葵をたっぷりすべてとき、それをうっすら半分ほど回しかけた。なるほど、こうして食べれば簡単に山葵醤油の味が好きな濃さで楽しめる。見ると醤油の器はかけやすいように片口のような形になっていて、木のスプーンもついていた。ここにも思いやりを感じる。

 

小さなことだけれど、家のご飯にも普段からとり入れよう。

使いやすい器や食べやすい盛り方。いつもと同じに慣れてしまっているところを、ちょっとだけ見直してみよう。

和え物やシジミのお味噌汁が、ランチセットになっていました。お醤油の器、洒落ています。

ほんとうにちょうどいい量で、美味しくいただきました。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【人気の北杜市"田舎暮らし"の楽しみ方~「野鳥観察」】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.