CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

珈琲の効能

きのうのNHK「あさイチ」で、珈琲はいろいろな病気の予防になるという特集を組んでいた。

「1日3~4杯珈琲を飲む人」は「飲まない人」に比べて心臓病、肝臓癌、脳卒中、糖尿病などでの死亡リスクが4割近く下がるとの研究結果があるそうだ。

そのうえ、浅煎り珈琲に含まれるクロロゲン酸は、美肌効果(肌の水分量を身体の内側から高め、シミ予防効果も)があり、深煎りに多く含まれるニコチン酸は、老化防止効果があるという。

 

これを聞いて、様々な気持ちが浮かんだ。

「あ、わたしもう何年も毎日珈琲飲んでる。ってことは美肌効果ばっちりってこと?」

「いやいや、3杯は飲んでないなあ。多くて2杯。だから、シミが消えないのか」

「浅煎りが好みだけど、深煎りは老化防止になるのかあ」

「これからは、毎日3杯飲んでみようか?」

 

そして、こうも思った。

「しばらくのあいだ、世のなかでは珈琲の消費量が増えるかも」

「でもきっと、一時的なものだろうなあ」

「珈琲大好きなわたしだって、毎日3杯飲み続けられる気がしないし」

「珈琲の美味しさに目覚める人も、一握りはいるのかも知れないけど」

 

嗜好品である。

美味しいと感じるだけ楽しむことがいちばん。そのスタンスは崩したくない。そしてそれがその人にとって適量なんじゃないかと思うのだ。

毎日淹れていますが、久々に写真アップ。

珈琲は、「AKITOCOFFEE」のコスタリカ。

砂時計で、3分測ります。だいたいだけど。

新鮮な珈琲は、お湯を注ぐとふくらみます。

ほぼ3分で入りました。

1杯が、普通の1.5杯分です。

毎日カップを変えて楽しんでいます♩

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.