CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

生みたてのたまごが凍ることもない場所で

1泊で行った東京では、実家にも立ち寄った。

他愛のない話のなかにいつも出てくるのは、両親が育った北海道の牧場でのエピソードだ。

「旅行に出る直前に生みたての卵いっぱいもらっちゃって、冷凍したんだよね」

わたしの言葉に、父がすぐに返した。

「冷凍すると、殻が割れるだろう」

「割れるね。それでも、解凍して食べられるから」

そこから、話は北海道の牧場へと流れていく。

「冬場、夜明け前に雌鶏が卵を産むと、朝取りに行ったときにはもう凍って割れてて売れないんだよ。それを目玉焼きにして食べたなあ」

「北海道は、本当に寒かったもんねえ。おじいちゃんが建てた家は隙間風だらけで、朝目が覚めたら枕もとに雪が積もってるんだもの」

母も、話に加わる。

「よく生きてたねえ」

「今は、幸せだよ」

なんて、ふたり笑いながら何十年も昔の風景にタイムスリップしている。

 

来月91歳になる父と84歳の母。ここ数年は会うたびに歳をとるように感じていたが、ふたりとも思ったよりも元気そうだった。春の陽気のせいか、北海道の話をすると若返るのか。

 

長い道のり電車に揺られ、家に帰って、ひとり冷凍たまごで雑炊を作った。生みたてのたまごが凍ることもない場所で暮らす幸せ、というものを思いながら。

出がけにJR韮崎駅で撮った駅前ロータリーの桜です。

五分咲き? もっとかな。

実家がある団地の敷地内に植えられた桜並木です。

桜の足もとには雪柳も咲いて。

クリスマスローズもいっぱい。

帰って来たら真っ暗。JR韮崎駅前の桜がライトアップされていました。

レンジで解凍した冷凍たまご。

ちょっとだけ白身が固まったけど問題なし。

ひとり簡単ご飯。冷凍たまごと冷凍ご飯の雑炊、鶏がらスープ味。エノキと小松菜を贅沢に入れて。ただおもしろがって冷凍たまご作ったこともあったなあ。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    ご両親との会話。ひとつひとつが、とても大切に、思えてきますよね。
    若いころは思いもしなかったのに、そんな一言、ひとことが重みをもつように思います。

    お若かった頃、子育ての頃、光景が思い出されて、懐かしい思い出話が次々と出てこられるのでしょう。
    何度も、出てきますよね。
    私の母も会うたびに出てくる、話があります。

    韮崎は、もう桜がこんなに!毎年、そちらは早いですね。
    こちらはまだ全然です。4月に入って、一気に・・でしょうかね。

    • さえ より:

      ぱすさん
      特別何を話すってわけでもないんですけれど、むかし話が増えたからですかねえ、聞いたことのない話を聴く機会が増えたように思います。
      同じ話も何度も聞かされるんですけどね。
      でも、自分でも同じ話するようにもなっているし、そういうのも気にならなくなってくるものですね。
      韮崎駅前の桜は、なぜか毎年早いんですよ。
      こちらもたぶん、4月に入ってから一気に咲くんだと思います♩
      楽しみですね~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2022年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.