CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

目線で変わる風景

バーベキュー翌日、夫の友人のひとりが森下慎吾さんの器を観たいという。

それならと、久しぶりに『夢宇谷』へ行った。

夢宇谷の『ギャラリーMUU』には案の定森下さんの作品がいくつかあり、ほかにも数えきれないほどの器やアートが展示されていた。

 

それぞれに、楽しみながら観て歩く。

わたしは、珈琲カップを新調するのもいいなと思っていた。だが、今の気持ちにぴったりくるものが見つからない。

ほぼ1周し、では朝食に使う、取り皿よりはやや大きめの平皿はかないだろうと、観て歩いた。すると、さっき目にしたばかりの器たちの並んだ風景が、まるで違うものに見えてきて驚いた。

「珈琲カップ、珈琲カップ」と観て歩くのと、「平皿、平皿」と観て歩くのでは、目にする風景自体が変わるのだ。

 

普段何気なく見ている風景も、そうなのだろうか。

夢宇谷の魔法にかけられたような気分で歩いていると、夫が目を輝かせながら、ブルーのぐい飲みを持ち上げていた。

森下慎吾さんの作品です。外廊下に並んでいました。

結局新調したのは、夫が選んだ山下秀樹さんという作家さんのぐい飲みでした。

銀化天目という焼き物なんですね。宇宙をのぞいているようです。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ、更新しました。

【陶器とアートの”夢の谷”に迷いこんで~『夢宇谷ギャラリーMUU』】

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.