CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

筍、伸びようとする意志

「筍掘りに行ってきたから」

ご近所さんに、大きな筍をいただいた。

さっそく茹でて、筍ご飯を炊いた。

「うわっ、掘りたての筍は、違うね」「うーん。いい香り」

竹冠に「旬」とかくのだから、それはもう旬の味である。

 

筍といえば「竹の子」。伸びて伸びて、竹になる姿がすぐに思い浮かぶ。

ぐんぐんと、力強く伸びていく姿だ。

筍は成長が早からか、そんなふうにイメージしやすいが、いつも食べている野菜も空へ空へ、あるいは土の奥深くへ伸びていく最中なのだろう。それを食べるっていうことは、栄養を摂るだけじゃなく、伸びていく力、伸びようとする意志みたいなものも一緒に、身体のなかに取り入れていくってことなのかも知れない。

 

筍は切られてからも成長しようとして、灰汁が強くなっていくそうだ。そんな切られてもなお伸びていこうと空に向かっていくチカラを、美味しくいただいた。

CIMG6187立派です。地面から生えてくるっていうのが不思議な感じがします。

CIMG6261筍ご飯の朝食です。「目玉焼きいらなかったね」と夫。

CIMG6260筍たっぷり入れました。とってもやわらかかったです。

CIMG6247オリーブオイル&イタリアンハーブソルト味で、ワインも楽しみました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

  1. 悠里 より:

    悠里より 今年は筍は不作だそうです。昨年の5倍位で売りにでていました。私の職場の中には竹林があって、お昼休みには採って友人にも届けたものですが、春に退職しましたので今年は仕方なく、ごく小さいのを買いました。土佐煮、筍ごはんもささやかに、いただきました。

    • さえ より:

      悠里さん
      筍、不作だそうですね。くださったご近所さんも話していました。南部まで掘りに行ったそうです。
      掘りたては、やっぱり違いますね。
      お仕事先に竹林があるんですか。退職されて、お仕事や時間のほかにもいろいろな変化があるものですね。
      春の味、旬のうちに味わっておきたいですね~♩

  2. Yasuko より:

    筍を香りのままに頂くなんて何という贅沢!
    多治見から連れて帰ったサラダボールに思わず手が伸びます。
    成長盛りの子どもの背がどんどん伸びるのを「雨後の筍のごとく」ってよく表現されたものですが。
    京都は嵐山だったと思いますが、「筍亭(じゅんてい)」ってあるのを聞きましたが、ご縁がなくて。
    もっぱら「土佐煮」をコープさんに注文して食しています。
    筍の刺身を食べてみたいと思いつつ何十年も経ったなあ、と思いつつ。
    竹の子を「筍」って漢字に決めたのも面白いですが、竹林のことを篁(たかむら)っていうのも素敵だと思います。

    • さえ より:

      Yasukoさん
      今年は筍は不作だそうです。気前よくくださったご近所さんに感謝!していただきました。
      掘りたての味を楽しめるなんて、ほんと贅沢ですね。
      成長期の子どもの背が伸びるのって、目に見えるようですものね。そう言われるのもわかります。
      嵐山の「筍亭」覚えておきますね。
      竹林を篁とかいてたかむらと読むんですか。初めて知りました。洒落ていますね~

CIMG8292

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.