CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

翌日は、ちょっと贅沢

バーベキューをした翌日は、いつもちょっと贅沢だ。

どうしても食材を余分に用意してしまう。大人数のときにはもちろんだが、先週のようにご夫婦おふたりを招くときにも、あれも作ろうこれも作ろうと考えるだけ考えて間に合わなかったり、お取り寄せ食材、今回は伊勢のサザエだが、最少で7つだったので4人でひとつずつ焼いても、余ってしまう。

 

そんなわけで、日曜は買い物もせずのんびりと過ごし、夜は余った食材でビールを傾けた。サザエのさばき方は、去年マスターした。するりと抜けるのが気持ちよく、楽しい。

壺焼きもいいが、バター焼きにすればまた味わいが違い、飽きることなく美味しく食べられる。

 

「足りないよりは多めに用意して、余ったら冷凍すればいいよね」

それも〈おもてなしの心〉と言えるかも。

そしてそれは、翌日自分たちに返ってくる。

きちんと予定を立て把握し行動することができない〈片づけられない女〉なだけかも知れないが。

残った大粒のサザエ、3つ。

以前調べたやり方で、簡単にさばけました。

空っぽになったサザエの殻から、波の音が聴こえそう。

冷凍しておいたエリンギとシメジとバター炒めにしました。

出しそびれたアスパラで、卵チーズソース。

美味しいんだよよな~これが。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. オスカー より:

    こんにちは。
    アスパラとお皿の図、以前読んだ「美味しんぼ」のひとコマを思い出しました。食べたい!

  2. さえ より:

    >オスカーさん
    コメントうれしいです~♪
    ありがとうございます♡
    「美味しんぼ」にも出ていたんですね。
    このレシピは、「やみつきバズレシピ」という料理研究家リュウジの本に載っていたものです。
    オリーブオイルで炒めたしゃきしゃきのアスパラと卵チーズソースが絶妙の美味しさです。
    ぜひお試しあれ~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.