CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

考えない~餃子編

ふと気がつくと、ネガティブなことばかり考えているときがある。

まさに『襟裳岬』の歌詞の通り。

理由(わけ)のわからないことで悩んでいるうち 老いぼれてしまうから

黙り通した歳月を 拾い集めて暖めあおう

わかっちゃいるけど、それがなかなかやめられない。

負のスパイラルってやつにハマると、抜け出すのに苦労する。

 

そんなとき、わたしには魔法の言葉がある。

「餃子」

このひと言を口にする。きちんと発音する。たいていはひとりのとき。誰も聞いていないときだけど。

そうすると、無性に可笑しくなる。笑えてくる。ツボなのだ。

「コチュジャン」

これもいける。ほかにもないか探しているところだが、このふたつは黄金コンビだ。

音のせいなのか、餃子そのものの形状と関係があるのか、理由はわからない。

でもいいの。どうせ「理由のわからないこと」で悩んでいるんだから。

考えないことが大切なときも、あるものなのだよ。

あなたも、ツボにハマるワードを探してみてはいかが?

ゴミ出しロードの帰り道。回り道。黄昏ちゃうなあ。

そりゃそうか。黄昏時だもんね。南アルプス連峰。

最近、ひとりの夜に餃子を10個くらい包んで焼くのがマイブーム。青葱いっぱいバージョン。ダイエットはどうした(笑)

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.