CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

花梨サワー

ひと月経ったので、花梨サワーを飲んでみた。

酢&氷砂糖で漬けたので、すっきりとした飲み心地。だが、梅ともプラムとも違う。もったりとした味とでもいうのだろうか。コクがある。そして、ほのかに洋梨のような匂いがする。乳酸菌飲料と少し似ているかも知れない。

生のままの花梨の実と、違う匂いのようにも思った。

 

ひと月、酢と氷砂糖のなかで眠り、匂いも少しずつ変わっていったのだろう。

人も周りの環境や出会った人や様々なことごとに影響を受け、変わっていく。もう6年だか7年会っていない息子は、変わっているだろうか。

たぶん、変わらないところと変わったところとがあるんだろうな。

ゆっくりと花梨サワーのお湯割りを味わいつつ、そんなことを思った。

 

咳止め効果があるという花梨。インフルエンザの予防にもいいらしい。毎朝飲んでいる白湯の代わりにお湯割りにして飲めば、風邪知らずで冬が越せるかな。

硝子のコップですが、お湯割り。ノンアルコールです。

たっぷりあるので、ひと冬楽しめそうです♩

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【シャンパン色のイルミネーション&ワインレッドのカーペット!星野リゾート『リゾナーレ八ヶ岳』】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.