CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

茗荷畑のちびカマキリ

庭の茗荷が、ようやく顔を出した。

夏の楽しみのひとつだ。

その茗荷畑の草取りをしていると、いく匹ものやわらかな薄緑も透明なちびカマキリを見かけた。

可愛い。揃って同じお母さんの卵から孵ったのだろう。

その小ささに、息を飲む。

身体が透けて見えるようなたたずまいに、妖精を見ているような感覚に陥る。

 

けれどどんなに小さくても、命あるものなのだ。

小さな小さな意志を持っている命たちが、庭で生まれていく。

カマキリは200匹ほどがひとつの卵から孵り、生き残れるのは半数に満たないという。弱肉強食の世界。ちびカマキリもさらに小さな虫を捕食して生きていく。

そんなサバイバルが繰り広げられている庭は、しかしとても静かだ。

初茗荷はまだ、ふたつだけ。

わさわさとした茗荷畑。これでも草取り後です。

写真は、翌日スズランの葉の上にいた子です。前日見た子たちはこの子の半分くらい。体長1㎝くらいでした。

初茗荷、大切にいただきました。焼いた厚揚げに味噌とのせて。

きのうの朝食。茄子の胡麻油炒めの味噌汁の薬味には花も入れて。

 

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.