CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

豆腐を塩で

美味しいという山梨の豆腐をいただいた。

山梨の豆腐だが、なぜか山梨では売っているところが少ないという。コストコでは売れているそうだが、山梨にコストコはない。

 

「ジャムをつけてスイーツ風に、どうぞ」

そう言っていただいたのだが、我が家では、「やっぱり、塩だよね」ということになった。

豆腐を塩で食べる。最近では、ランチする和食屋さんなどでも、普通に見かけるようになった。美味しい豆腐に限られる食べ方だ。

いただいた「おっとうふ」は、これまで食べたことがないほどに大豆の味が濃い豆腐だった。それなのに嫌味がない。絹のなめらかさのなかにぎゅっと詰まった旨みがある。

「そうだった、豆腐は大豆だったんだ」

普段、何も考えずつるつると食べている豆腐だが、大豆の存在を思い出さざるを得ない味である。

 

いつもの夕食に出すには少し高価だが(300円)、他県から来た客人をもてなすときには喜ばれるだろう。塩で食べれば、ワインでも日本酒でもきっと合う。

「おっとうふ」山梨県産の大豆を使っているんですね。豆乳も味が濃かった!

見た目は普通なんですが。

たしかに美味い! お醤油をかけるのはもったいないかも。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    そちらも暑い一日だったようですね。

    美味しいお豆腐大好きです。
    塩で食べるのも大好きです。
    お醤油をかけるよりも味の良さがわかりますよね。
    冷たくして美味しいお塩でいただくお豆腐、ご飯にも麦酒にも!

  2. さえ より:

    hanamomoさん
    おはようございます。
    突然の夏でしたね。
    冷たくしていただくお豆腐、美味しいですよね~
    hanamomoさんも、塩で食べますか~
    お醤油も美味しいけど、塩だとお豆腐の味をより楽しめますね。
    そうそう!ご飯にも麦酒にも。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.