CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

赤かぶのしゃぶしゃぶ

新鮮で農薬を使っていない赤かぶを、見つけた。

「しゃぶしゃぶにすると美味しいって、生産者が言っていました」

「かぶを、しゃぶしゃぶに?」

「はい。さっと湯通しすると、めっちゃ美味しいらしいです」

初めて聞いた。

 

ところが検索してみると、出てくる、出てくる。多くの家庭で楽しんでいるレシピらしい。

薄切りにして、一緒にしゃぶしゃぶした豚肉を巻き、タレにつけて食べる。簡単鍋だ。水菜やきのこ類、葱などがスタンダードのようだ。

 

これが、本当に美味しかった。

しんなりしたかぶに、やわらかい豚肉を巻く。そのしんなりした味わいがたまらない。

柚子ポンであっさり食べてもいいし、胡麻しゃぶのタレのコクのある味で楽しんでもいい。

いつもより、豚肉もたくさん食べてしまった。

 

初めての料理が美味しいと、うれしい。

赤かぶの美しい赤が、食卓をにぎやかしてくれた。

葉っぱもたっぷりした土付きの赤かぶ。150円なり。

洗うとまた、きれいだわ~

スライスして、葱、水菜、ひらたけ、豚肉と。けっこう大きいんです、かぶ。

さっとしゃぶしゃぶした赤かぶで豚肉を巻いて。柚子ポンで。

胡麻しゃぶのタレも、美味しい。

葉っぱは、胡麻油で炒めて、クタクタ煮にしました。

しっかり煮ても、赤い色が少し残っていてきれい、やわらかかったです。

翌朝は、残りを味醂と薄口醤油で味つけして、味噌汁代わりにしました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.