CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

辛さは続くよ、どこまでも

1月ラストの『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログは、富士山カレーを紹介した。奇抜な色づかいと発想に驚かされる山梨名物である。

 

その辛口の「赤い富士山カレー」が、個人的にはとっても美味しかった。辛すぎるくらいの辛さがいい。辛いもの好きにはたまらない。それだけではなく、辛い辛いと言いながらも、やめられないとまらない旨み。ファンになった。

 

ところで辛いものが好きな人には多いと思うが、わたしにも辛さの上限までトライしてみたいという欲求がある。いや、あった。

1~5まであれば、5辛にしたい。そうやって数年前まで生きてきたが、一風堂の「からか麺」に打ちのめされた。

普通・三辛・八辛・特辛・超特辛の5段階の4「特辛」を食べたときに、一気にむせた。

特辛以上は別次元の辛さになるため、辛いのが苦手な方はお気を付けください。

どうお気をつければいいのか。むせながらもがんばって完食したけど、別次元の辛さにノックアウトされ、食べているのか拷問を受けているのかわからなくなった。辛さは続くよ、どこまでも。上限などはないのだ。

それ以後辛いもの好きを豪語するのはやめにした。5段階あれば、3辛でいい。それが身の程だと悟ったのだった。

 

「赤い富士山カレー」は、わたしのなかでは3辛くらい。ほどよい辛さである。

レトルトで売っているので、お家でフォトジェニックに挑戦しましたが。

盛りつけが下手過ぎる(笑)

少し上手になったかな~富士山にはほど遠いけど。。。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【お家でフォトジェニック!「青い富士山カレー」&「赤い富士山カレー」】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2023年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.