CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

食の記憶 フォー編

夫の会社が、ベトナム法人を立ち上げた。

その際の10日間のホーチミン出張に同行することになり、慌ただしく準備した。出張が決まったのが10日ほど前だったものだから、ガイドブックを買ったのも出発前日だった。

 

早朝、成田からの便だったので、東京駅近くに前泊した。

夫はすでに東京入りしていたので、10日間のふたり分の荷物を入れたいちばん大きなスーツケースをホテルまで運び、ホッとしてよくやくガイドブックを買った。それを持って遅めのランチを食べようと同じ建物内の地下に降り、ふらふら歩くとフォーの店がある。

「あ、フォー食べたい」

券売機で鶏肉のフォーのチケットを買い、椅子に座ってハッとした。

「これから本場のフォー、食べに行くところじゃん」

 

カレーの罠と同じだ、と思った。今日はカレーだよ、と言われていたのにもかかわらずなぜかカレーを食べたくなりランチに食べてしまうというあれである。

「今日はカレー」という記憶がインプットされ、潜在意識に埋め込まれる。そこから「今日は」が抜け落ち「カレー」だけが残る。そうなるともう「カレー食べたい」に変換されるのはわけもない。

「でもいいの。フォーは毎日でも飽きないほど好きだから」

10日間でも? という問いかけがどこからか聞こえるが、まあいい。夫のサポートをしながらのホーチミン。どんな旅になることやらだが、楽しもう。

CIMG2512出発前日、東京駅近くで食べた鶏肉のフォーです。

CIMG2514100円追加で、パクチーたっぷりトッピング。もやしは食べ放題でした。

CIMG2536到着翌朝、朝食バイキングで。豚肉のフォーでした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ。
    ベトナムに滞在されているのですね。
    フォーは優しい味で、馴染めますよね。
    日本人にも合いますね。
    朝からでも、いけますよね!

    ホーチミンは、ばたばたとバスの中から街を眺めただけで、もう暑くて、街をのんびり歩くまではできなかった事が、心残りです。
     
    旅、どうぞお気をつけて。

    • さえ より:

      ぱすさん
      2度目のホーチミン、暑いです。
      仕事関係で新しく会う方も多く、気も張りますが、楽しんでいます
      フォーは、ほっとする味ですね。
      ひとりで歩くことも多いので、気をつけなくちゃと気持ちを引き締めています。
      ありがとうございます

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.