CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

34回目の結婚記念日

日曜日、34回目の結婚記念日を迎えた。

特別なことは何もせず、夕食にチキンソテーを焼き赤ワインを開けただけ。

毎年、日にちはズレることもあるが、そんな感じで過ごしている。

 

その食卓は、カルパッチョと大根サラダとチキンソテー。

どれも我が家の定番だ。

それでも、何か特別感を出したい。

ということで、いつもは使わない食材を使ってみることにした。

カルパッチョは、いつものビネガーなどではなくレモンを絞り、紫玉葱のみじん切りやイタリアンパセリ、フェンネルを散らした。

大根サラダは、いつもの帆立缶ではなく蟹缶を使った。

チキンソテーは、ポルトガルの塩とオレガノでシンプルに、明野産の大きな椎茸のバター焼きを添えた。

小さな変化とほんのちょっとだけの贅沢。

毎年そんな感じで、結婚記念日が過ぎていく。

カルパッチョには、いつもは買わないハーブ、フェンネルなどをのせました。

大根サラダは、蟹缶を入れて(笑)

茹で卵ディップも添えました。

チキンと椎茸も焼いて。

塩田が広がるポルトガル産の「塩の花」は、粒が大きい。

明野産のこの椎茸。石づきが太い!

食後はモンサラーシュのサルシッチャで、さらにワインをいただきました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    結婚記念日だったのですね。
    おめでとうございます!
    明野産の大きな椎茸がとにかく美味しそうです。
    カルパッチョのお魚は鯛ですか?
    みずみずしくて美味しそうです。
    >小さな変化とほんのちょっとだけの贅沢。
    これが暮らしの潤いになっていくのだと思います。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    ありがとうございます♩
    明野はむかしから椎茸栽培が盛んだったようです。いつものスーパーでもたまに見かけて楽しんでいます。地産地消いいですよね。
    カルパッチョは、帆立と蛸です。
    いつもビネガーや柚子ポンで作るので気分的にも新鮮でした。
    小さな変化とほんのちょっとだけの贅沢が、ほんと、暮らしの潤いになっていくんですよね~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.