CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

cafeくじらぐも

焼き物教室で作った作品をとりに、町内の『cafeくじらぐも』へ行ったときのこと。

月2回の手話サークルも春頃からサボったままで、そこで貸していた漫画『聲の形(こえのかたち)』もメンバーに回してもらったままだった。

車で10分の場所にあって、店の前は何度も通っているというのに、立ち寄ることができずにいたのは、たぶん気持ちに余裕がなかったからだ。

 

久しぶりに足を踏み入れた店内は、何も変わっていなかった。

実際には、季節のものや展示してあるアート、こまごまとしたものなど、多くのものが変わっていたのだが、変わっていないように感じたのだ。

毎日をていねいに紡ぎ、人とのつながりを大切にしている空間であることが、あらためて胸に落ちる。変わらずに日々を過ごすこと。それってなんて素晴らしいことなんだろう。考えると胸が熱くなった。

『cafeくじらぐも』はいつのまにか、自分にとっての「いつも変わらずにそこにあるもの」になっていたのだ。

 

帰宅して夫に話すと、「店っていうものは、そういうものだよ」と言った。

太鼓橋のあるお庭の向こうの古民家がカフェになっています。

やぎさんたちがのんびり。

大きな黒板が、なつかしい雰囲気を創り出しています。

野菜たっぷりのランチ。

お庭で採ったハーブで作ったハーブティです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.