CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2017.12.03

フライパンで簡単パエリア失敗談

週末のきのう、夫の友人がワインを持って遊びに来た。で、何度も迎えている方たちなので、新しい料理を出そうと事前にパエリ...

続きを読む

家ご飯, 2017.11.20

夫婦で作る、その家の味

外出から戻ると、玄関に大根が3本置いてあった。ここにこうして置いていくのは、近所の農家さんだとわかる。ウッドデッキに...

続きを読む

家ご飯, 2017.11.11

冬にはうれしい残り物ご飯

夫は東京で週の半分は過ごす。わたしは、山梨でひとりご飯を食べることが多い。なので、残り物ご飯が楽しみのひとつだ。鍋、...

続きを読む

家ご飯, 2017.11.06

ズッキーニするわ

今年も、陸前高田市にふるさと納税をした。返礼にいただいたのは冷凍の炙り刺身セットで、鰤と蛸と鰹。昨年と同じものなのだ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.11.05

柿食えば

「甘い柿の木を植えても、標高500m以上の土地じゃ甘くならないそうですよ」お隣りの韮崎市の柿をいただいたとき、そう聞...

続きを読む

家ご飯, 2017.10.23

大粒の丹波栗

神戸に住む夫の叔父から、丹波の黒大豆枝豆が届いた。毎年送ってくださるので、塩茹でに、豆ご飯に、毎年楽しませてもらって...

続きを読む

家ご飯, 2017.10.17

卓上七輪 大人よ、遊べ

夫が、卓上七輪を買った。ネットでポチっとしたらしい。雨で冷え込んだ週末は、さっそくそれで楽しんだ。七輪と言えば、秋刀...

続きを読む

家ご飯, , 2017.10.10

キッシュ焼いて

「あ、この匂い……」キッチンには、記憶をくすぐる匂いが漂っていた。バターと卵と小麦粉を焼く匂い。「ああ、昔よく焼いた...

続きを読む

家ご飯, 手話, 日々の暮らし, 2017.10.08

いくつもの名を持つ野菜

たまに産直野菜を売る店に行くと、知らない野菜が売っている。先日は、「金時草」という菜っ葉を始めて買ってみた。葉が肉厚...

続きを読む

家ご飯, , 2017.10.07

手に馴染む

先日、宿泊した夫の友人に朝食を出した際言われ、驚いた。「このお椀、漆塗りの手触りがいいね」「そうお?」「うん。なんか...

続きを読む

家ご飯, , 2017.10.03

ご飯土鍋

新米が届いた先月、ご飯土鍋なるものを購入した。火にかけて10分~15分ほどで炊きあがり、同じくらいの時間蒸らすだけ。...

続きを読む

家ご飯, 2017.10.02

杯のカフェオレ

夢を見た。友人たち5~6人で、知らない街を歩いている。どこか目的の場所があり、探しているが見つからない。古びたアーケ...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2017.09.24

お粥いろいろ

東京に出ると、よく朝食に『SoupStockTokyo』のお粥を食べる。野菜が豊富に入ったお粥は、少しずつ涼しくなっ...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2017.09.20

栗剥いて栗ご飯

庭の栗の実が、台風でずいぶん落とされた。機が熟して落ちたらしき大きさのものも多く、栗ご飯を炊くことにした。3合炊きの...

続きを読む

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.