CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 2019.04.20

筑前煮

「筑前煮、久しぶりだね」夫が、うれしそうに口に運ぶ。「むかしは、よく作ってたよね」「そうだっけ」それはたぶん、結婚し...

続きを読む

家ご飯, 2019.04.15

スーパーで

スーパーで、ミネラルウォーターを箱で買ったときのこと。カートの下段に2ℓの水が6本入った段ボールを置いているので、い...

続きを読む

家ご飯, 2019.04.12

巨大エシャレット?

エシャレットを、買い忘れた。「久しぶりに、鮪アボカドユッケしようか」「いいね」という話になったのに、我が家の定番料理...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.04.11

春の雪、春のおでん

「春の雪」というのは、当然だが春の季語だそうだ。「でもこれ、春の雪っぽくない」ウッドデッキや庭に降り積もった雪を、眩...

続きを読む

家ご飯, 2019.04.10

ハノイのおもてなし

たまに楽しんでいるカップ麺の『鶏だしフォー』に、新製品が登場した。『ハノイのおもてなし』という。スタンダードバージョ...

続きを読む

家ご飯, 滝口悠生, , 読書 2019.04.08

おむすびのなかに入っているもの

日曜日。夫がおむすびを作ってくれというので、2つ作った。サッカーの試合を2つ掛け持ちなのだそうだ。朝、土鍋で2合炊き...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.04.06

たかが15分、されど15分

時間というものは、簡単に伸びたり縮んだりはしないと思っていたのだが、この春から早起きする日の朝の時間が伸びた。春のダ...

続きを読む

家ご飯, 2019.03.31

バルめしの夜

「夕飯、何にする?」この主婦の悩み永遠のテーマについて、平日は適当に考えるのだが、週末は夫婦で考える。鍋とか、おでん...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2019.03.28

生みたてのたまごが凍ることもない場所で

1泊で行った東京では、実家にも立ち寄った。他愛のない話のなかにいつも出てくるのは、両親が育った北海道の牧場でのエピソ...

続きを読む

家ご飯, , 2019.03.24

春の釣り人

週末、鶏だんご鍋をした。「わたしも、日本酒、いただこうかな」そういうと、夫が珍しく気に入りの古九谷焼きのぐい飲みに注...

続きを読む

家ご飯, ラーメン, 2019.03.22

生活感がない女

先日、何度か会ったことのある年上の女性に言われた。「お子さんいるのね。ご夫婦ふたりで暮らしてきたのかと思った」夫とふ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2019.03.18

天麩羅

週末、庭のふきのとうを摘んで天麩羅にした。いつもはふきのとうだけを天麩羅にして、ほかのメニューはまったく別に考えるの...

続きを読む

家ご飯, 2019.03.01

だし巻き卵

生みたての卵をたくさんいただいた。黄身の黄色い卵である。久しぶりにだし巻き卵を焼こうと、卵焼きパンを新調した。古い卵...

続きを読む

家ご飯, 川上弘美, , 読書 2019.02.27

肉厚なパプリカ

大きなパプリカをいただいた。これまでにないような肉厚なパプリカだ。明野産のものだという。手にした瞬間に「赤ピーマンの...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 15

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.