CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 花と木, , , 田舎で 2019.02.24

夕焼けとふきのとう

庭にふきのとうが出てきたので、夕食に天麩羅にしようとひとりで摘んだ。このところちょっと疲れた顔をしている夫が、喜ぶだ...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2019.02.21

子どもの言葉

韮崎駅のホームで電車待ちをしていると、おばあちゃんと4歳くらいだろうか男の子の会話が聞こえてきた。「おばあちゃん、電...

続きを読む

家ご飯, 2019.02.17

キャッシュレスと現金と

現金を持ち歩いても安全な国だから日本はキャッスレスへの移行が遅れているというが、個人的には、ずいぶん進んだように思っ...

続きを読む

家ご飯, ラーメン, スイーツ, 2019.02.15

田舎汁

ラーメン記事の第2弾をかこうと、今年も取材に励んでいた。第1弾は、【山梨の美味しいラーメン屋さん!〈その1〉こってり...

続きを読む

家ご飯, 親子, 日々の暮らし, 雑貨, , 家族のこと 2019.02.04

おでんとカレンダーとふたりの母と

久しぶりに義母とゆっくり電話でしゃべり、盛り上がった話題がある。「最近の袋は、頑丈にできているのよねえ」と、義母。「...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2019.01.29

いろいろ食べよう その3

いろいろ食べよう、とこれまでかいてきた。その1は、体組成計に「旬の野菜を10品目食べましょう」と言われたこと。その2...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.01.26

大寒の卵

手話サークルで「大寒の卵」をひとついただいた。手にとったときにはまだぬくもりが残っていて、茹で立てを持ってきてくださ...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2019.01.14

いろいろ食べよう

やつは、けっこう食にうるさい。「これで10品目かな」夫が朝食を食べながら数えている。やつに言われたらしい。「旬の野菜...

続きを読む

家ご飯, 山梨, , 2019.01.10

うまいもんだよ南瓜のほうとう

初めて家で、ほうとうを作った。といっても打ったわけではない。買ってきたほうとうを煮ただけだ。『地球の歩き方』で記事を...

続きを読む

家ご飯, 2019.01.02

新しいものへ向かう小さな気持ち

年末も押し迫り、もう10日もないという頃に電子レンジが壊れた。18年以上使っていたので、当然買い替えということになる...

続きを読む

家ご飯, 四季, , 田舎で 2019.01.01

お正月の匂い

「お正月の匂いだね」大晦日の朝、起きてきた夫が言った。すでに煮しめの牛蒡と椎茸を煮始めていて、たしかにそれはお正月の...

続きを読む

家ご飯, 東京, , 2018.12.30

大根持ってお台場へ

どうしようかと迷ったのだが、結局持っていくことにした。大根である。歳の頃も近い4人での女子会は、何年かごとにゆるりと...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2018.12.29

黄身の色

生みたての卵をいただいた。家庭菜園も幅広くされている方で、鶏も飼っている。以前にもいただいたことがある。その卵、いつ...

続きを読む

家ご飯, 2018.12.26

冷凍チャーハン

クリスマスの3連休。ローストチキンも焼いたが、冷凍チャーハンも食べた。夫とスーパーに行くと、いつもは手にとらないよう...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 15

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.