CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.08.31

シャイな無花果

クリーニング屋さんに行くと、お庭に生ったという無花果をいただいた。「無花果食べて、風邪治してね」風邪はすっかりいいの...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.08.28

シャインマスカットがあるから、だいじょうぶ

毎年、山梨は石和でフルーツ農園をやっている知人に、シャインマスカットを頼んでいる。東京や神戸の親戚に送り喜ばれている...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2017.08.24

熱を測る心理

きのうの朝、ベッドのなかで熱を測ると6度5分だった。「あ、熱下がった」心なしか、身体もすっきりしているように感じる。...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.21

ダビデの星

家庭菜園をしているご近所さんに、茄子とゴーヤとオクラをいただいた。そのオクラが、大きい。1本で、普通のオクラ5本分く...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.12

ゴーヤは笑う

常々疑問に思っていた謎が、ようやく解けた。ゴーヤを料理して食べると、なぜか穏やかな気持ちになる。なぜか?それは、ゴー...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.08

素麺の具

素麺を食べる際、薬味以外の「具」を用意する習慣は、あまりない。子どもの頃も、やはり素麺には薬味とつゆがあればよかった...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.08.06

梅サワーの梅

梅サワーを漬けてからひと月経ったので、梅を食べてみた。甘すぎず、かといって酸っぱすぎず、口のなかでやわらかくとろける...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.05

薬味はだんだん増えていく

パクチーをたくさんいただいて、幸せ気分でたっぷり食べている。苦手な人も多い、好き嫌いの分かれる野菜だが、わたしは初め...

続きを読む

家ご飯, 2017.07.30

手のひらで豆腐を切る

新婚の頃、手のひらで豆腐を切る、というのに憧れていた。今朝、久しぶりに手のひらに乗せた豆腐を大き目のさいの目に切り、...

続きを読む

家ご飯, 2017.07.24

いろいろこだわるうちに

雨のなか、夫婦ふたりでバーベキューをした。大き目のパラソルの下には、テーブルと椅子2つ、バーベキューセットがすっぽり...

続きを読む

家ご飯, 2017.07.23

梅サワー 関西vs関東対決?

梅サワーを漬けてから3週間が経ったので、飲んでみた。甘すぎずさわやか。夏にぴったりの味に仕上がっていた。水で割っても...

続きを読む

家ご飯, 2017.07.21

おむすびストーリー、ありますか?

先日のバーベキューの際、久しぶりにおむすびを握った。「おむすび」を「握った」という言い方はおかしい? 「おむすび」な...

続きを読む

家ご飯, 2017.07.18

見えないところにあるものの存在を忘れずに

三連休初日の土曜日、バーベキューをした。わたしたち夫婦を合わせて総勢20人。夫が経営するふたつの会社の社員とその家族...

続きを読む

家ご飯, 2017.07.07

栗原はるみは、主婦を救う

季刊雑誌『haru-mi』の夏号に載っていた、レンジで茹で豚を作ってみた。言わずと知れた料理研究家、栗原はるみの料理...

続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.