CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

外ご飯, 2017.09.11

蕎麦屋を探して

きのうの日曜日、仕事の下見で蓼科まで行くという夫につきあいドライブした。前日の話に戻るが、夫が、蓼科に行ったら食べた...

続きを読む

外ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.08.02

優し気な表情のスカイツリー

27歳の娘が東京で暮らす部屋は、スカイツリーがある押上駅から徒歩15分。窓からは、スカイツリーが大きく見えた。イザベ...

続きを読む

外ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.05.28

プロフェッショナルにはなれない

茶遊会に行ったあと、友人とランチした。テキトーに入った店には、3種類のカフェ飯風丼があり、彼女は鴨ロース丼。わたしは...

続きを読む

外ご飯, 2017.05.04

オムレツのケチャップ

ゴールデンウイーク。ちょっと贅沢してホテルでバイキングの朝食をとった。水道橋で宿泊した『庭のホテル』は、とにかく生野...

続きを読む

外ご飯, 日々の暮らし, , 雑感 2017.05.03

試着室のなかで決意したら

東京に出た際、買い物をした。6月に出席する結婚式で着るフォーマルなワンピースを、探していたのだ。安価では済ませられそ...

続きを読む

外ご飯, 健康, , からだのこと 2017.04.21

声を出して笑おう

東京駅で待ち合わせして、友人とランチした。年に何度か定期的に合っている彼女とは、会っていない間の出来事を時間を埋める...

続きを読む

家ご飯, 外ご飯, 2017.03.18

カウンターの向こうに

夫は、カウンター席に座るのが好きだ。東京でひとりの夕食をとることが多いから、というのもあるかも知れないが、カウンター...

続きを読む

外ご飯, 日々の暮らし, , 雑感 2017.03.07

自分の器を知る

疲れたなあと思ったときには、すでに遅い。そう実感することが、増えた。眠っても眠っても身体が重いと感じていたら、朝方3...

続きを読む

外ご飯, 神戸, , 2017.03.01

鴨なんば?

神戸で義母の検診のあと、病院近くの蕎麦屋でランチした。「生ビールは、あるかしらねえ」という義母の危惧は、杞憂に終わっ...

続きを読む

外ご飯, 2017.02.20

日本酒っていいな

祝杯を挙げた。人間ドックの詳しい結果が出て、プリン体とか塩分とか、年相応に気をつけましょうというのは、夫婦ともにあっ...

続きを読む

外ご飯, , 家族のこと 2017.02.10

夢の話はつまらない

「誕生日パーティ、しよう」26歳の娘からLINEがあった。何をかくそう、わたしの誕生日である。わたしが東京に行く予定...

続きを読む

外ご飯, 2017.02.06

2つのタイプ

東京に出ると、当然のことだが外食が多くなる。朝も昼も夜も外だ。夫もそうだが会社勤めの人は、そんな日も多いのだろう。モ...

続きを読む

外ご飯, 2017.01.23

海老で終わりたい

週末帰省した神戸でのこと。義母が、久しぶりに外食がしたい、できれば揚げたての揚げ物が食べたいと言うので、串揚げを食べ...

続きを読む

外ご飯, 2017.01.19

しあわせの礎

東京に行った際、日本酒にこだわった呑み屋の暖簾をくぐった。牡蠣の土手鍋で温まり、酒も肴も美味かった。テーブルには、ペ...

続きを読む

1 2 3 4

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.