CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

外ご飯, 2017.09.11

蕎麦屋を探して

きのうの日曜日、仕事の下見で蓼科まで行くという夫につきあいドライブした。前日の話に戻るが、夫が、蓼科に行ったら食べた...

続きを読む

家ご飯, 手話, 日々の暮らし, 2017.09.10

欲があるから苦しくなる

毎週金曜、手話教室に通っている。と言っても、風邪やら帰省やらでこのところ休みがち。久しぶりに顔を出したら、同時期に入...

続きを読む

家ご飯, 2017.09.02

秋茄子は、やめられないとまらない

夫の留守中に、大量に茄子をいただいた。揚げ茄子の煮びたしを、とりあえず4本分作った。2日後には帰ってくるから、残った...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.08.31

シャイな無花果

クリーニング屋さんに行くと、お庭に生ったという無花果をいただいた。「無花果食べて、風邪治してね」風邪はすっかりいいの...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.08.28

シャインマスカットがあるから、だいじょうぶ

毎年、山梨は石和でフルーツ農園をやっている知人に、シャインマスカットを頼んでいる。東京や神戸の親戚に送り喜ばれている...

続きを読む

家ご飯, 健康, , からだのこと 2017.08.24

熱を測る心理

きのうの朝、ベッドのなかで熱を測ると6度5分だった。「あ、熱下がった」心なしか、身体もすっきりしているように感じる。...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.21

ダビデの星

家庭菜園をしているご近所さんに、茄子とゴーヤとオクラをいただいた。そのオクラが、大きい。1本で、普通のオクラ5本分く...

続きを読む

珈琲&お茶, 2017.08.15

お茶に呼ばれて

春からこの方、お茶に呼ばれている。4月、大学時代の友人たちと台北に行った夫が東方美人茶や烏龍茶を買ってきて、淹れ方な...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.12

ゴーヤは笑う

常々疑問に思っていた謎が、ようやく解けた。ゴーヤを料理して食べると、なぜか穏やかな気持ちになる。なぜか?それは、ゴー...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.08

素麺の具

素麺を食べる際、薬味以外の「具」を用意する習慣は、あまりない。子どもの頃も、やはり素麺には薬味とつゆがあればよかった...

続きを読む

家ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.08.06

梅サワーの梅

梅サワーを漬けてからひと月経ったので、梅を食べてみた。甘すぎず、かといって酸っぱすぎず、口のなかでやわらかくとろける...

続きを読む

家ご飯, 2017.08.05

薬味はだんだん増えていく

パクチーをたくさんいただいて、幸せ気分でたっぷり食べている。苦手な人も多い、好き嫌いの分かれる野菜だが、わたしは初め...

続きを読む

外ご飯, 親子, , 家族のこと 2017.08.02

優し気な表情のスカイツリー

27歳の娘が東京で暮らす部屋は、スカイツリーがある押上駅から徒歩15分。窓からは、スカイツリーが大きく見えた。イザベ...

続きを読む

家ご飯, 2017.07.30

手のひらで豆腐を切る

新婚の頃、手のひらで豆腐を切る、というのに憧れていた。今朝、久しぶりに手のひらに乗せた豆腐を大き目のさいの目に切り、...

続きを読む

1 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.