CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

外ご飯, 山梨, , 2018.09.13

古いものがもたらす癒し

古民家カフェ『キッチン・オハナ』の取材で、なるほどと附に落ちた。「古いものは、癒しの効果を持つ」だから、古いものを意...

続きを読む

家ご飯, 2018.09.12

ツルレイシ

この夏、胡瓜とトマトをいただくことは少なかったが、ゴーヤと茄子は、いっぱいいただいた。ゴーヤは、チャンプルーだけでは...

続きを読む

外ご飯, 北海道, , 2018.09.05

秋刀魚アート

小樽からのオロロンラインドライブは、留萌(るもい)まで。留萌の夜は、飲み屋街の『肴や(こうや)』という名の「しめ鯖が...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2018.09.01

笑顔輝く葡萄、シャインマスカット

今年も、シャインマスカットの季節がやってきた。毎年、葡萄農家の知人に頼み、両親や親戚、お世話になった方に送っている。...

続きを読む

家ご飯, 2018.08.29

ツレヅレハナコさんは、コウペンちゃんさながらに

さらに引き続き『女ひとりの夜つまみ』を楽しんでいる。「揚げなくてもおいしい!長ねぎの焼き春巻き」を作った。具は、長葱...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2018.08.28

もぎたて生プルーン

もぎたてのプルーンを、初めていただいた。たくさんある。「プラムじゃなくって、えーっと」もらってきた夫は、プルーンが思...

続きを読む

外ご飯, 2018.08.26

cafeくじらぐも

焼き物教室で作った作品をとりに、町内の『cafeくじらぐも』へ行ったときのこと。月2回の手話サークルも春頃からサボっ...

続きを読む

家ご飯, 2018.08.24

適宜、少々、ひとつまみ

引き続き『女ひとりの夜つまみ』を楽しんでいる。だが、大きな壁にぶつかってもいる。いただきものの桃がたくさんあって、そ...

続きを読む

家ご飯, 2018.08.22

『女ひとりの夜つまみ』

料理本を見ながら新しいレシピに挑戦するとき、あるこだわりがある。アレンジしないこと。まずはその通りに作ってみる。アレ...

続きを読む

家ご飯, , 2018.08.21

手巻き寿司の記憶

久しぶりに手巻き寿司をした。夫婦ふたりの夕餉である。買い物はひとりで済ませたのだが、不安になった。久しぶりということ...

続きを読む

, 珈琲&お茶, 2018.08.19

お湯呑みの熱

町内の『cafeくじらぐも』の陶芸教室で、お湯呑みを作った。作ったのは春だったが、焼きあがったものをとりに出かけたの...

続きを読む

外ご飯, ベトナム, , 2018.08.16

おやすみなさい

「おやすみなさい」という挨拶が好きだ。挨拶のなかでも、とびきり優しく温かく感じる。語源は、宿でお客に「ゆっくりお休み...

続きを読む

家ご飯, 花と木, 石田ゆり子, , 田舎で, 読書 2018.08.15

石田ゆり子の油淋鶏

お盆休み。石田ゆり子の油淋鶏を作ってみた。石田ゆり子の写真エッセイ集『Lily―日々のカケラ―』に載っていた、彼女の...

続きを読む

家ご飯, 浅田次郎, , 読書 2018.08.14

記憶の蓋

忘れてしまいたいことや どうしようもない淋しさに包まれたときに男は 酒を飲むのだろう昔の歌が、ふと口を突いて出ること...

続きを読む

1 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 28

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.