CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

珈琲&お茶, 2017.12.24

珈琲カップ

揃ってないとちぐはぐな感じがするものもあるが、揃ってないからこそ、ひとつひとつの個性が際立って見えるものもある。珈琲...

続きを読む

家ご飯, 2017.12.23

繰り返しトラップ

このところ、「繰り返しトラップ」によくハメられる。「アクエリアス、なかったよね? 買って帰ろうか」と、スーパーで夫。...

続きを読む

珈琲&お茶, 日々の暮らし, , 雑感 2017.12.22

自分のなかの小さな変化に

ずっと欲しいと思いながら、そのままにしていたコーノの珈琲ドリッパーをネットで購入した。いつも使っているものがひとつは...

続きを読む

家ご飯, 2017.12.18

ぴったり美味しいタイミングで

特別、料理が得意だと思ったことはないが、これだけはとこだわっていることがある。「温かいものは温かく、冷たいものはきち...

続きを読む

家ご飯, 映画, , 鑑賞 2017.12.06

熱いうどんにクレソン入れて

ひとりご飯に、葱一本うどんが活躍する季節になった。「今朝は冷えこんだし、葱一本うどんにしようっと」朝ご飯にも、登場す...

続きを読む

家ご飯, 2017.12.03

フライパンで簡単パエリア失敗談

週末のきのう、夫の友人がワインを持って遊びに来た。で、何度も迎えている方たちなので、新しい料理を出そうと事前にパエリ...

続きを読む

ラーメン, 2017.11.25

足早に過ぎ去っていくラーメンたち

「まえにこの辺で、ラーメン屋に寄ったことあったよね?」夫の言葉に、思い出せずに返事をした。「そうだっけ?」「あれいつ...

続きを読む

家ご飯, 2017.11.20

夫婦で作る、その家の味

外出から戻ると、玄関に大根が3本置いてあった。ここにこうして置いていくのは、近所の農家さんだとわかる。ウッドデッキに...

続きを読む

外ご飯, 2017.11.17

味噌に負けず

東京では、会社近くの神保町『味噌鐵カギロイ』で飲んだ。ホームページによると「一軒家味噌鉄板素焼きノ店」だそうだ。また...

続きを読む

外ご飯, 健康, , からだのこと 2017.11.15

シチュエーションは同じでも

父を見舞いに行った東京で1泊し、翌朝東京駅近くのカフェで朝食をとった。Aモーニングはフォカッチャバーガー、Bモーニン...

続きを読む

家ご飯, 2017.11.11

冬にはうれしい残り物ご飯

夫は東京で週の半分は過ごす。わたしは、山梨でひとりご飯を食べることが多い。なので、残り物ご飯が楽しみのひとつだ。鍋、...

続きを読む

家ご飯, 2017.11.06

ズッキーニするわ

今年も、陸前高田市にふるさと納税をした。返礼にいただいたのは冷凍の炙り刺身セットで、鰤と蛸と鰹。昨年と同じものなのだ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.11.05

柿食えば

「甘い柿の木を植えても、標高500m以上の土地じゃ甘くならないそうですよ」お隣りの韮崎市の柿をいただいたとき、そう聞...

続きを読む

外ご飯, 2017.10.29

生きてる、生きてるって?

所用で甲府に行った帰り道、十年前から気になっていた店に初めて食事に寄った。甲府の飯田通り沿いにある『和食太陽』だ。飯...

続きを読む

1 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 23

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.