CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.05.22

白い情熱

庭の蕗と、山独活(やまうど)を収穫した。蕗は、採っても採っても無限にある。山独活は、白いところを食べるので陽が当たら...

続きを読む

家ご飯, 2017.05.21

葉玉葱の蕾

先週、玉葱をいただいた。葱のように緑の葉が長くついた葉玉葱だ。毎日料理しては食べていたのだが、東京、神戸へと行くこと...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2017.05.14

男と女の違い

農産物直売所で新鮮野菜を買ったので、野菜たっぷりの夕食にした。茹で豚のナンプラー風味パクチーたっぷり和え、虹色菜の荏...

続きを読む

家ご飯, 2017.05.10

探し物は本気を出して

片づけられない女である。よく探し物をする。長い人生の何%の時間を探し物に費やしているのだろうかと、思い悩んだ時期もあ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2017.05.07

木の芽らしく

日々緑濃くなるなか、庭の幸を楽しんでいる。何年か前に植えて、毎年出てくるアスパラも少しずつ食べている。イタリアンパセ...

続きを読む

外ご飯, 2017.05.04

オムレツのケチャップ

ゴールデンウイーク。ちょっと贅沢してホテルでバイキングの朝食をとった。水道橋で宿泊した『庭のホテル』は、とにかく生野...

続きを読む

外ご飯, 日々の暮らし, , 雑感 2017.05.03

試着室のなかで決意したら

東京に出た際、買い物をした。6月に出席する結婚式で着るフォーマルなワンピースを、探していたのだ。安価では済ませられそ...

続きを読む

家ご飯, 2017.04.30

野良にぼうぼう、のらぼう菜

のらぼう菜が、美味しい。家庭菜園をしているご近所さんに、採れすぎて困っているからとどんどんいただく。摘む先から伸びて...

続きを読む

家ご飯, 2017.04.25

餃子の皮焼いて

久しぶりに、餃子を焼いた。子どもたちが幼かった頃は、よく一緒にタネを包んでホットプレートで焼いたものだったが、夫婦ふ...

続きを読む

外ご飯, 健康, , からだのこと 2017.04.21

声を出して笑おう

東京駅で待ち合わせして、友人とランチした。年に何度か定期的に合っている彼女とは、会っていない間の出来事を時間を埋める...

続きを読む

ラーメン, 2017.04.20

ラーメン選択パラドックス

初めて暖簾をくぐったラーメン屋で、何を選ぶか。わたしは、あれば豚骨の葱ラーメンにするが、問題はそれがない場合。ずらー...

続きを読む

家ご飯, 2017.04.17

筍、伸びようとする意志

「筍掘りに行ってきたから」ご近所さんに、大きな筍をいただいた。さっそく茹でて、筍ご飯を炊いた。「うわっ、掘りたての筍...

続きを読む

家ご飯, 2017.04.16

豆腐の味噌汁

「あ、豆腐の味噌汁、久しぶり。美味い!」夫の言葉を聞き、そう言われれば、味噌汁に豆腐を入れたのは確かに久しぶりだった...

続きを読む

ラーメン, 日々の暮らし, , 雑感 2017.04.05

何でできている?

『男の子ってなんでできている?』という有名なマザーグースのうたがある。男の子って何でできている? 男の子って何ででき...

続きを読む

1 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.