CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

OTHER POSTS

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2016.12.17

ずくし

旅行から帰ってきたら、居間に置いたままにしていた柿が熟していた。枯露柿用の柿をいただいた農家さんに教わった「ずくし」...

続きを読む

外ご飯, 2016.12.04

なこかい、とぼかい

九州沖縄三昧『ナンクルナイサきばいやんせー』で、生ビールを飲んだ。ナンクルナイサは沖縄の方言で、なんとかなるさ。きば...

続きを読む

家ご飯, 2016.12.03

ようやく会えた

ずっと気になっているのに、読むに至らない本、というのがある。例えば、好きな作家と50音順が近い作家の本だったり、タイ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2016.12.01

枯露柿熟して

枯露柿が甘く熟し、楽しんでいる。3週間ほど干せば食べ頃と聞いたが、2週間も干せば食べられると言う人もいる。2週間ほど...

続きを読む

外ご飯, 2016.11.28

神田のカレー

会社の近く、神田でカレーを食べた。神田カレーグランプリ優勝店とののぼりに、魅かれたのだ。入った日乃屋神田西口店は、券...

続きを読む

, 2016.11.27

納豆一粒分の違和感

納豆鉢は、これと決めたものがある。だがたまに、違うものを盛ることもある。たまたまそれが残ってしまい、翌朝の納豆鉢に困...

続きを読む

家ご飯, 2016.11.22

翌朝の鍋

鍋をした翌朝は、たいていその鍋の残りで雑炊となる。夫婦二人の食卓なので、鍋の具がたくさん残っていれば、雑炊ではなくふ...

続きを読む

, 2016.11.20

いつものカップで

「あ、久しぶり」声をかけたのは、お気に入りの珈琲カップに、である。珈琲用にたっぷりと入るマグカップを集めるのが好きで...

続きを読む

家ご飯, 2016.11.16

鍋パーティー

先週末のこと。夫がサッカーの試合の後、チームメイトを呼んで鍋パーティーをするという。何人来るか判らないらしく、おでん...

続きを読む

家ご飯, 2016.11.12

魔法のアイテム

魔法のアイテムを、友人に教えてもらった。「茹で卵が、楽々剥けるグッズがあるよ」というわけで、百円ショップで、卵の穴あ...

続きを読む

家ご飯, 花と木, , 田舎で 2016.11.10

枯露柿とずくし

「ころがき、作るけ?」近所の農家さんに誘われた。誘われたが、何のことだか判らない。「ころ、がき、って、何ですか?」「...

続きを読む

家ご飯, 夫婦, , 家族のこと 2016.11.08

ほんの少しの

炊き立ての新米を茶碗によそっていて、ふと違和感を覚えた。自分の茶碗と夫の茶碗。夫婦二人暮らしの食事である。そのご飯を...

続きを読む

家ご飯, 2016.11.06

すき焼きの白菜

30年以上前の話になる。結婚したばかりの頃だ。夫婦で初めて、すき焼きをした。「白菜入れて」と夫に言われ、白菜を鍋に入...

続きを読む

ラーメン, 2016.11.02

いつでも何かに気をとられてる

久々に、目を見張った。初めて行ったラーメン屋でのことである。「『豚火(とんか)って、ラーメン屋さんが美味しいんですよ...

続きを読む

1 14 15 16 17 18 19 20

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.