CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

本屋で見かける表紙が気になっていた小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の映画版

 

〈cast〉

南山高寿(みなみやまたかとし)【福士蒼汰】 20歳の美大生。愛美と出会い恋に落ちる。初恋だった。

福寿愛美(ふくじゅえみ)【小松菜奈】 20歳の美容師専門学校生。

上山正一(うえやましょういち)【東出昌大】 恋愛に長けた美大生。高寿の親友。

〈story〉

美大に通う高寿は、通学電車で一目惚れした愛美に告白する。あっけないほどに告白を受け入れ、「また明日」という彼女の目には涙が。不思議には思ったが、恋は盲目。おかしいと思ったところも魅力に映る。ふたりは自然な雰囲気でつきあい始めた。

だが毎日会っているうちに、不思議なことは続く。

高寿には、愛美が未来を見てきたかのように感じることがあるのだ。

それでも、どうしようもなく愛美に強く強く魅かれていく高寿だったが、ある日秘密を打ち明けられる。

自分は隣接するパラレルワールドの住人で、この世界とは時間が逆に流れている。

「あなたにとっての未来(明日)はわたしにとっての過去(昨日)」であり、2つの世界が交わりふたりが会えるのは「5年に一度、月が満ちてかけてしまう30日のあいだだけ」なのだと。

 

過去を共有できていない、できないのだと知り、高寿は苦しむ。

「今まで一緒に過ごしてきた全部を、きみは知らない」と。

そんなとき、何も知らない上山の言葉が、背中を押す。

「月と地球も、ある意味すれちがってるって言えるよな。同じ距離をひたすらぐるぐる回って永遠に近づけない。これが恋人同士だったらマジつれーよな」

会えるんだから、ちゃんと話せよ、と。

 

恋愛は、いつでもすれちがいだ。たとえ、パラレルワールドの住人同士じゃなくっても。おたがいの昨日を知っていても。

 

時間が愛美の流れに変わるラストが、幻想的で好きだった。

小説と同じ、このロゴが気になっていたのかも。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.