CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『カフェ・ソサエティ』

ウッディ・アレン監督映画『カフェ・ソサエティ』を、観た。

1930年代の映画の都ハリウッドと、そしてニューヨークとで繰り広げられるロマンティック・コメディは、「ウッディ・アレンが紡ぐ、ビター&スウィートでゴージャスな大人のためのおとぎ話」とうたわれる。

 

タイトルの「カフェ・ソサエティ」という言葉はその時代にできた新語で、第一次世界大戦で崩壊した古き良き時代の貴族的な〈社交界〉がカフェに場所を変えることで気楽な雰囲気を持つようになり、そう呼ばれるようになったらしい。

 

主人公はニューヨーカーの青年ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)。映画業界のエージェントである叔父フィル(スティーブ・カレル)を頼り、夢を求めてハリウッドへ行く。そこでヒロイン、ヴェロニカ(クリスティン・スチュワート)愛称”ヴォニー”と出会う。ひと目で恋に落ちたボビーだが、ヴォニーには恋人がいた。一度はヴォニーの心をつかんだと思ったボビーだったが、やがて失恋し、ハリウッドに夢を見いだせなくなり、ニューヨークに帰るのだった。

 

もし、あのとき、こうしていたら。こうなっていたら。ふたりは、しあわせな今をつかんだ後も、そんな思いを抱えながら生きていくことになる。

華やかな舞台で描かれた映画だが、そこは、わたしたちの日常ともつながっている。その切なさは、恋をしたことがある人なら、胸に痛く沁みてくるだろう。

 

パンフレットで、映画ライターの松山梢は、俯瞰している。

後味は甘すぎない大人向けで、よく見ればそこかしこに「イケてないのにモテる主人公」「美しい旬の女優」「夢と現実」「ユダヤ人であるコンプレックスと自虐」「死の匂い」などなど、ウディらしい焼き印が押されている。

ボビーの兄さんが、ギャングなんだよね。で、銃をバンバン撃ったりする。それがコメディタッチで描かれていて、ブラックユーモアの極みなんだけど、現実の甘くないところがコメディながらにきちんと置いてある。そこがまた、すごい。

 

くすっと笑って、楽しくて、胸がきゅんとして、切なくて、辛くて。そして何より、美しい映画だった。

CIMG7363

レトロお洒落なパンフレット。『ミッドナイト・イン・パリ』の郷愁と陶酔を再び!とありますが、ファンタジー要素はありません。

CIMG7373ハリウッドの浜辺でのデートシーン。素敵すぎる。

CIMG7367ニューヨークで成功したボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)。

CIMG7370恋する気持ちが胸に迫る、再会した二人のキスシーンです。

 

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG6581

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.