CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『ラストレター』

岩井俊二監督作品『ラストレター』は、ぜひ観たいと思っていた。

同じく岩井俊二が24年まえに撮った『LoveLetter』でトヨエツに恋して以来、ずっと待っていたのかも知れない。

その『LoveLetter』のトヨエツと中山美穂もちゃんと居た。

 

〈story〉

姉、未咲の葬儀の席で裕里は、姉の娘、鮎美から、姉宛の同窓会の通知を受け取る。姉の死を伝えるために訪れた同窓会で、しかし裕里は姉に間違えられ、そのにぎやかな雰囲気に姉のふりをしてしまう。そこで初恋の人である鏡史郎と再会し、奇妙な文通が始まった。けれどある日、鏡史郎の手紙が鮎美に届いて……。

〈cast〉

岸辺野裕里【松たか子】かつて鏡史郎に恋をした、ごく普通の家庭を持つ女性

乙坂鏡史郎【福山雅治】未咲への思いを断ち切れずにいる小説家

遠野鮎美/未咲(回想)【広瀬すず】未咲の娘

岸辺野颯香/遠野裕里(回想)【森七菜】裕里の娘

乙坂鏡史郎(回想)【神木隆之介】未咲・裕里の高校へ転入し未咲に恋をする

 

文通。なつかしい言葉である。

そして、初恋。これもまたなつかしい響きだ。

ストーリー的には、鏡史郎の未咲への想いがずしりとくる。

君にまだずっと恋してるって言ったら信じますか?

こう言えてしまうほどに、何しろ一人身のまま、未咲への想いを小説にかき続けている。

けれど個人的に共感したのは、裕里の鏡史郎への初恋だった。

姉のふりをしたままでもいい。初恋の人に会えた。もうちょっとだけ話したい。文通だっていい。一方的な片思いだってことは変わらない。もちろん深いなかになろうなんて気持ちは毛頭ない。でももうちょっとだけ。

そんなあわあわとした気持ちが伝わってきて、切なくなりながらも微笑ましくて笑っちゃうっていうか、そんな感じ。

なんだろう、これ。初恋なんだから、いいじゃん。夫も子どももいるんだけどさ、ちょっとときめいたって、いいじゃん。っていうこれ。

 

初恋って、胸のなかどこかに、たぶんずっと残っているんだろうなあ。

そしてたまに光ったり、熱を放出したり、存在感を発しつつもしんと静まり返ったり、いないふりをしたり、笑って見ていたりしてるんだろうなあ。

そんなことを、ふわふわと考えた映画だった。

パンフ、買っちゃうよね。こういう映画は。

回想シーン。神木くん、好演していました。

松たか子はすごいなあ、と思った映画でもありました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ユミ より:

    そうそう、私もこの映画も見たいって思ってたんですよ~
    まだもう少し先でもやってるかしら?
    LoveLetterも、もう24年も前なんですね。
    ミポリンもたしかショートカットで若かったですよね。
    さえさんが、トヨエツ好きになったのは、LoveLetterがきっかけだったんですね。
    そのお二人も出ていらっしゃるんだ。
    なんとなくストーリーは予告で見たけれど、何歳になってもこういう映画は私も好きです。

  2. さえ より:

    >ユミさん
    でしょう? 
    ユミさんも好きだろうなあと思っていました。
    こちらではもう終わってしまいましたが、西日本ではどうかな?
    まだやっているといいですね。
    『LoveLetter』なつかしいですね。大好きな映画でした。
    トヨエツ、かっこよかったな~♡
    中山美穂は、最近すれっからしの中年女役が板についてきましたね。女優としてゆっくりステップアップしている感じがします。
    岩井俊二監督のなかでは、ストレートなラブストーリーです。観られてよかった♩

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.