CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『最高の人生の見つけ方』

犬童一心監督『最高の人生の見つけ方』は、スカッとする映画だった。

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンの名優ふたりが演じたアメリカのロードムービーのリメイク版だ。

〈story〉

余命わずかと宣告されたふたり、幸枝とマ子は病院で出会い、目の前で倒れた少女が残した〈死ぬまでにやりたいことリスト〉を手にする。自分の〈棺桶リスト〉を作りあぐね、幸枝とマ子は少女のリストを実行する旅に出ることにした。

〈cast〉

北原幸枝【吉永小百合】大学を卒業後すぐに結婚、以来、ずっと専業主婦

剛田マ子【天海祐希】総客室数5万を誇るホテルチェーンの社長

高田学【ムロツヨシ】マ子の秘書

北原美春【満島ひかり】幸枝の娘

神崎真梨恵【鈴木梨央】幸枝とマ子に〈やりたいことリスト〉を残す少女

 

死ぬまでにやりたいことって、何だろう。

もし今、余命わずかだと宣告されたら?

15年ほど前の映画『死ぬまでにしたい10のこと』では、シリアスな内容のリストだった気がするが(いちばん覚えているのは〈夫以外の人と恋をする〉だ)この映画のリストは直接的でわかりやすい。

スカイダイビングするとか、日本一大きなパフェを食べるとか。

そういうリストだったら、作れるかも知れない。今やりたいこと、やってみたいことって何だろう。なんて考えたりするのも楽しい。人生まだまだ長いなんて先延ばしにせず、今やりたいことをやってみよう、そんな気持ちになれる映画だった。

だけどもちろん、これまで精一杯生きてきたふたりだからこそ、見えた景色なんだよね。まずは、精一杯生きなくっちゃ。

吉永小百合っていえば、びっきーを思い出すわたし。夫がよく、ご飯を上げるまえに「待て」をして「よし」というところをフェイントで「よし、ながさゆり」とか「よし、いくぞう」と言って、からかっていました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    この映画、ハリウッド版は見ました。
    夢のある、残りの人生をまあ生きてみようと思えるような映画でしたね。
    吉永小百合さんは、本当に歳をとりませんね。
    いつまでも、可憐で清楚で、奇跡ですね。

    自分なら、どんな事をやりたいでしょうね。
    やはり旅でしょうか。この際、世界を見て回りたいなあと思うんです。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    ハリウッド版、観たんですね~
    わたしは見過ごしていて、もうすっかり忘れていました。
    聞いたことのあるタイトルだなとは思っていましたが。
    わたしは吉永小百合さんの映画を観たのは久しぶりで、じつは歳をとったなあと思いました。でもそれが素敵な歳のとり方なんですよね。姿勢はいいし、嫌味がなくて。
    わたしも、何がしたいだろうって考えました。
    やっぱり、旅かなあ。これまで出会った人に会いに行く旅とか、してみたいです。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.