CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

『死にゆく妻との旅路』

最初に、テロップが映し出される。

4,000万円の借金から逃げまわる初老の男。

彼に残されたのは、

水色のワゴン車、

なけなしの50万円、

そして、11歳年下の癌を患う妻。

これは、実話に基づいている。

〈story〉

「おっさん」と11歳年下の妻に呼ばれる久典は、その妻とふたり職を探しながらワゴン車で日本各地をさまよう。末期癌の妻の病状は次第に悪化していくが、彼女は病院にいくことを拒み続けた。

1999年に、保護責任者遺棄致死の罪で逮捕された男性(実名)の手記を映画化。

272日間、約6,000㎞に及ぶ死を見つめつつ寄り添う夫婦の旅路を描いている。

〈cast〉

清水久典【三浦友和】バブル崩壊で工場経営が傾き多額の借金を背負う。必死に職を探している。

清水ひとみ【石田ゆり子】久典の妻。自分の死が近づいていると知りつつ夫に寄り添う。

予告編には、こうある。

二人でいたことが、なぜ罪になるのですか?

追いかけてくる借金から逃げるように旅に出たふたり。

けれど、探しても探しても見つからない仕事。だいじょうぶだと言い聞かせながらも悪化していくひとみの癌。

ふたりはもう、どこへ向かうこともできなかった。

それでも旅を続けたのは、きっとどこかに、行きたかったのだ。きっとどこかに、安らげる場所があると人は思ってしまうのだろう。

2011年に公開された映画です。Amazonプライムで観ました。

石田ゆり子の魅力全開でした。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ
    この映画、以前wowowで観ました。
    せつなくて、考えさせられる映画でしたね。石田ゆり子が、ずいぶん老けた感じの役柄でしたが、それでもやはり清々しさがありました。
    余命わずかしかないとわかったら、私も旅に出るかもしれない・・・と思いました。

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    死を目前にしたら、自分がどうするか、想像つきませんね。
    年齢的設定は年下になるし、この映画、ほんと、考えさせられました。
    ここまで愛しあえるなんて、幸せだとも思いますが、お金があればもっと幸せになれたんですよね。切ないです。
    ここじゃないどこかに、誰もが行きたくなる。
    旅には、そんな願望が見え隠れしているんでしょうねぇ。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.