CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

映画『あやしい彼女』

多部未華子主演の映画『あやしい彼女』は、73歳のおばあちゃんが、記憶も中身もそのままに突然20歳の女の子になっちゃう奇想天外なストーリー。

 

〈cast〉

大島カツ【倍賞美津子】73歳。戦時中に夫と死に別れ、女手一つで娘を育てる。

大島節子【多部未華子】20歳に若返ったカツ。可愛いルックスに似合わぬ毒舌で周囲を圧倒する。

大島幸恵【小林聡美】カツの娘。出版社に勤めるキャリアウーマン。

大島翼【北村匠海】幸恵の息子。カツの孫。バンドマンを目指す大学生。

小林拓斗【要潤】音楽プロデューサー。節子と恋に落ちる。

中田次郎 【志賀廣太郎】カツの幼馴染み。カツに思いを寄せている。 

 

〈story〉

73歳のカツは、キャリアウーマンの娘が自慢。娘の今があるのは自分が苦労して生き抜いて女手一つで育て、今も孫の食事の世話から何からやっているから。「自分がいなくちゃこの家は回らない」が口癖だ。そんな恩着せがましい態度と毒舌に娘の幸恵が爆発し、大喧嘩になる。勢いで家を出たカツは、オードリーヘップバーンのポートレートに魅かれ写真館のドアを開ける。そこでシャッター音とともになんと20歳に若返ったのだった。

「あたしらしく、生きたい」

カツは、孫である翼のバンドに歌姫として迎えられ、デビュー寸前まで上り詰めるのだったが。

 

「夢は?」と、娘である幸恵に訊かれた節子(カツ)が、こう答えるシーンが印象的だ。

「ただ、幸せになりたい」

幸恵は「今どきの子だね」と笑うが、戦時中を生き抜いた女の心からの夢だったのか。

 

過去を悔やみやり直したいと思う気持ちは、きっと誰にでもある。もし、今この時代を20歳の若さで生きられたなら、わたしならどう生きるだろう。

カツは、思いっきり生きて、答えにたどり着くのだった。

 

それにしても、肩で風切りガニ股で歩く、レトロな服を着こなした多部未華子は文句なくチャーミングだった。

透き通った歌声も、はじけるダンスも、堂々とした舞台での立ち姿も、なにしろこの映画の見どころは多部未華子で、間違いなしだ。

多部未華子の「悲しくてやりきれない」は、絶品でした。素敵な女優さんです。ほかに「真っ赤な太陽」や「見上げてごらん夜の星を」など昭和の名曲がなつかしい。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. ぱす より:

    こんにちわ
    この映画、私も知らずに、それほど期待せずに見たんです。
    良かったですね!「悲しくてやりきれない」の歌のシーンは、じんわりと来ました。
    小林聡美の娘役も良かったです。

    最後は、ジローまでも・・・そのオチがまた良かったです。
    昭和歌謡が、心に沁みる・・・・そんなお年頃ですね♪私たち・・・(笑)

  2. さえ より:

    >ぱすさん
    こんにちは~♩
    ぱすさんに教えていただいて、Amazonプライムで観ました。
    ほんと、いい映画ですよね~
    ありがとうございます♡
    「悲しくてやりきれない」ほんと、じんわり来ますよね。
    小林聡美は、どこに置いても安定の役者ですね。
    ジローまでも(笑)どこまでも笑いを追求しながら、でも心に沁みる。
    昭和歌謡っていいですね。ほんと、そんなお年頃なんですね~

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.