CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

ただいま、八ヶ岳

9月後半は、出かけてばかりいた。

女子会でも上京したが、そのほか家族の雑事などで2回東京へ、義母の検診の付き添いで神戸に帰省もした。台風が来るまえにと大急ぎで墓参りをし、台風直撃の夜は神戸のホテルで缶詰めになった。慌ただしい日々が続いていた。

韮崎駅から運転する道すがら、秋の顔をした八ヶ岳が目に飛び込んでくる。ああ、帰ってきた、とホッとする瞬間である。

 

東京の実家で「ただいま」と言う。

神戸の夫の実家でまた「ただいま」と言う。

帰るところは、いくつかある。

けれど本当に帰る場所は、やはり自分の家である。

肩の荷を下ろし、実感する。

「ああ、ただいま」

考えてみれば、生まれてこのかたいちばん長く暮らしているのが、ここ明野となった。19年というのは、そういう長さ。時間である。

子どもたちもたぶん、ほかの土地に根づくのだろう。

 

ようやく帰った我が家は、庭やウッドデッキに松の枝などが散らかってはいたが、何ごともなくぶじだった。デッキの上ではけろじが、出迎えてくれた。

とても久しぶりに、定点観測地点から撮りました。

空よりも青い八ヶ岳です。

最高峰の赤岳です。

螺旋のような形が魅力の権現岳。

上を見上げるとさらに青い空と刷毛で描いたような雲。

足もとには、葱畑が広がっていました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.