CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

アナベル~紫陽花の数え方

2年前にいただいた白い紫陽花が、今年初めて花を咲かせた。

「アナベル」という生命力の強い育てやすい品種だから、茶色い指でもだいじょうぶといただいた。春になってからはスミレや芝桜などと一緒に水やりをしていたが、世話らしいことはそれだけでたくさん花を咲かせてくれた。

うれしい。

 

そんな紫陽花を見つめていたら、突如、疑問が湧いた。

紫陽花のようにいくつもの花が集まって咲くものは、「一輪」と数えていいのだろうか。

調べてみると、やはり違った。

紫陽花はその集合体で「一本」あるいは「一朶(いちだ)」と数えるという。ガクアジサイに限っては、「一輪」なのだそうだ。

「一朶」は初めて聞く言葉で、漢字も知らなかった。

いちだ【一朶】

①花のついたひと枝。「-の花」「-の桜」

②ひとかたまり。ひとむれ。「-の雲」

          大辞林第三版より

一朶の雲。一朶の紫陽花。

素敵な日本語を、ひとつ知った。

玄関前の階段の上に植えました。

一朶でも可愛いけれど。

いっぱい咲くと、華やかですね。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんばんは。
    アナベルが咲きそろいましたね。
    数え方やっぱりこういう花は違うのですね。
    勉強になりました、ありがとう。

    アナベルの白は柔らかくて大好きな白です。
    先日私の誕生日に薔薇と一緒に生けたのは去年挿し木したアナベルの花です。
    直径7センチほどの花が咲きました。
    小さな薔薇と大きさがそろってとても重宝しました。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    こんにちは♩
    2年前にいただいて植えたものが、昨年は咲かず、今年初めて咲いたのでうれしかったです。
    アナベル、清楚で可愛らしいですね。
    hanamomoさんのところは、昨年挿し木したものが咲いたんですね。
    強い花だそうですね。
    なんと数えるんだろうと、単純に疑問に思い調べてみました。
    こういう疑問を、ひとつひとつ大切にしていくと日々が豊かになりますね。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.