CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

コウヤボウキ

隣りの森と庭のあいだに、コウヤボウキが花を咲かせているのを見つけた。

細く長い枝先に、小さな白い花をひとつだけつけている。いくつもの細長くカールした花びらの根もとは濃いピンクで、近くで見るとインパクトがある。

以前見たのは、4年前のこと。

小さな花だし、気づかなかったのかもしれないが、1年目の枝にしか花がつかず2年目には枯れてしまうという記述を見つけた。

毎年、同じところに咲く花というわけではなさそうだ。

 

名の由来は、むかし高野山で修行をしていた僧侶たちが、枝を束ねほうきとして使ったからだそうだ。利用価値の高い竹は修行の妨げになると考えられ、栽培を禁止されていたという。

花の様子もほうきに似ているが、それとは関係なく名がつけられたらしい。

 

花の名にも、歴史が刻まれている。

そう知ると、今、ただただ凛と咲く小さな野の花にも、これまでいくつもの物語があったのだろうと思えてくる。微笑んだ人の、涙した人の、大切な誰かを思い出した人の、希望を見出だした人の、それぞれの物語が。

花びらがくるんとカールしていて、不思議な魅力を持つ花です。

蕾は、濃いピンク色。

たくさん咲いていました。

植物の形って、本当にいろいろですね。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. hanamomo より:

    こんにちは。
    こちらは薄曇りですが、久しぶりに20度あり少しほっとしております。
    コウヤボウキという植物、はじめて拝見しました。
    なんと繊細で美しい花でしょう?
    こちらにも咲いているのでしょうか?
    最後の写真は小さな菊のようですね。
    99歳まで元気だった母方の祖父が学校を退職してから、大輪の菊を作って秋になると菊祭りなどに出品しておりました。
    糸のように細い花びらの大輪の菊でした。
    母がデイケアから帰ってきたら祖父の菊の話をしようと思います。

  2. さえ より:

    >hanamomoさん
    こんにちは~♩
    こちらも今日は少し暖かかったです。
    薪ストーブは焚いていますが。
    コウヤボウキ、日本じゅうに咲く花みたいですよ。
    hanamomoさんの住む秋田でもあると思います。
    小さな菊。たしかにそうですね。でも大きさが親指の爪くらいで、枝先にひとつしか咲かないので雰囲気はずいぶん違います。
    おじいさまの菊、美しかったのでしょうね。
    わたしも今日、久しぶりに母と話しました。
    お母さまと、おじいさまの菊のお話ができるのって素敵なことですね。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

Webライター。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。



『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

*このサイトの文章および写真を、無断で使用することを禁じます。

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年11月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.