CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

テッポウユリとカマキリ

テッポウユリの花って、いっぺんに落ちるんだね」

夫の言うとおり、大きな花をそのままの形で地面に落としている。

「毎年見ているはずなのに、わたしも初めて見るみたいに、おんなじこと思った」

同じ株につけた蕾、8輪のうちのすべてが咲きそろうことなく、椿のように、一輪丸ごとダイビングしていった。

 

そのテッポウユリに、カマキリが乗っていた。カナブンは、蜜を吸いにたくさんやってくるのだが、カマキリは珍しい。まだ大きくなり切っていない、透明感の残ったカマキリだ。

両手、いや釜を合わせ、祈りのポーズをしている。

餌を捕る準備、あるいは警戒しているときに、このポーズをとるらしい。

「餌が見つかるといいね」

声をかけ立ち去ったが、夕刻ふたたび見に来ると、まだ同じポーズをとっている。

「餌でも、警戒でもないのかな?」

調べると〈擬態〉と出てきた。木や植物になり切る。そういうときにもこのポーズで動かないそうだ。

「でもさ、真っ白いテッポウユリに緑のキミが擬態したって」

そう思って、ハッとする。

テッポウユリの雌しべがカマキリと同じ色合いなのだ。それも、ちょっと透明感が残るこの子とよく似ている。なるほど。

「がんばれよ」

ミクロの世界の不思議に、ちょっとだけ仲間入りしたような気分で声をかけた。

いちばん咲いていた頃のテッポウユリ。

すべての花が咲きそろうことなく、最初の花は落ちていきました。

最後の花は、こんな感じでちょっと淋しく。

カマキリくん、そのカナブンはご飯にするには大きいのでは?

朝から夕方まで、ここでこのポーズをとり続けていました。

おっ、この雌しべ、色といい形といい、カマキリくんの顔に似てる!

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.