CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

トウモロコシ狩り

取材で初めて、トウモロコシ狩りをした。

1本の実が大きいものだから、「狩り」といっても一瞬で終わるのでは?

やってみる前まではそう危惧していたのだが、これがなかなかおもしろかった。人の心理というものの(自分のだが)不思議がなせる業。一瞬どころかけっこうな時間がかかった。「狩る」のにではなく「選ぶ」のにだ。

 

最初にアドバイスしてもらった美味しいトウモロコシの採り方は、2つだけ。

髭が黒くなっているもの。太くて大きいもの。

どれも大きく太っているが、しかし握ってみると1本1本違って感じる。あ、こっちの方が太いかな? でも髭がちょっとまだ白っぽいところがあるかも。この髭が黒くなっているのは? いやいや、こっちの方が太いのでは?

トウモロコシ畑を歩きながら、迷う迷う。

自分の欲の深さか? とも思ったが、これってスポーツとも通じるところがある。会心の一発を決めたいではないか、どうせやるなら。

 

やってみないとわからないことって、ほんとうにたくさんある。

CIMG1941トウモロコシ畑。映画『フィールド・オブ・ドリームス』を思い出しました。

CIMG1949畑は見たことあっても、間近で生ってるところを見たことなかったかも。

CIMG1969わたしが採ったきみひめ。えへん!って威張るほどのこともないか(笑)

 

☆『地球の歩き方』特派員ブログ、更新しました。

【生でも食べられる甘~いトウモロコシ!大地の恵みがぎっしりつまった『きみひめ』】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


  1. 悠里 より:

    トウモロコシ狩り、したことありません。
    とりごろは、トウモロコシが傾いてからと、なんとも簡単な狩り時を聞いたことあります。何でも狩りというと頑張ろうという気合いが入ります。それって、やっぱり欲望からですよね。元気がある証拠です。

    最近は、3本、5本と、トウモロコシよくいただきます、ラップしてレンジでチン、美味しくいただきます。
    …きみひめ…新品種ですかね?
    生で食べられる? 時々耳にしますが、やはり、火が通ったトウモロコシの匂いも、ごちそうですね。
    イオンの隣での、イチゴ狩り終了してました。リンゴ狩り、ミカン狩りとまだ少し先になりますが、待ち遠しいですね。

    • さえ より:

      悠里さん
      なるほど~トウモロコシが傾いてからですか。最初はまっすぐなんですね。
      「狩り」がんばっちゃいますよね~欲望かな、やっぱり。
      ラップでチンの方が美味しいものもいっぱいありますよね。お手軽だからって手抜きってわけじゃなく(笑)
      きみひめ、名前は聞いていたんですが、わたしも今年初めて食べました。中道地区限定生産なんですって。リンゴ狩り、ミカン狩り、食欲の秋も待ち遠しいですね~♩

  2. ユミ より:

    トウモロコシ畑も間近で見た記憶もなく、もちろんトウモロコシ狩りなんてのもやったことないです。
    選び方、いつかの為に覚えておこうと思います。
    いいですね~
    取材のために色々体験したり行ったりする事。
    私もブログネタの為に、あえて行ってみたり食べてみたりする事がありますが、それでも何もないよりはうんといいと思ってます。
    年と共に内向きになりがちですが、〇〇の為でも、行動的になれるのはありがたいですよね。

    さえさんのご主人すごいです。写真展、見てみたいです。
    近くだったらな~ってつくづく思います。

    • さえ より:

      ユミさん
      明野にはトウモロコシ畑はいっぱいあるんですよ。
      それで知っているつもりになっていましたが、自分で畑に入ってトウモロコシとふれあうと(笑)驚くことだらけでした。
      ほんと、わたしもインドア派なので、取材のために出かけることが多くなって、経験すること、知ること、人と話すこと話を聞くことが増えた気がします。
      それってたしかに、いいことですよね~

      夫のこと、ありがとうございます。
      好きで撮り続けてきたことが、ひとつ形になってわたしもうれしいです。

PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.