CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

八ヶ岳から八ヶ岳は見えない

先月のことになるが、神戸から来た夫の友人たちと「サンメドウズ清里」へ遊びに行った。スキー場のリフトをオフシーズンのあいだ活用した観光スポットで、標高1900mの山の上までリフトで上り、そこにカフェがあってのんびり過ごせるようになっている。

 

パノラマリフトで上り、5人でわいわい展望台まで登った。

周囲には山々が見える。展望台お決まりの山の名をかいた平たい地図看板があり、知らない山の名が連ねられていた。そこには八ヶ岳の名はない。

いつも見ているあの素晴らしく格好のいい山は、どっちに見えるのか。

「八ヶ岳は、どっち?」

疑問に思い夫に訊くと、怪訝な顔をされた。

「あのね、ここが八ヶ岳だから。八ヶ岳から八ヶ岳は見えないの」

「おーっ、ここが八ヶ岳か」

「恥ずかしいから、大きな声出さない」

 

そういえば、山登りをする人のこんな話を聞いたことがある。

なぜ、富士山に登らないのか。

「だって、富士山からは富士山は見えないでしょ」

先週土曜日の八ヶ岳。定点観測地点から。

今シーズン、雪化粧するのはいつ頃かな。

同じ場所から観た南アルプス連峰、甲斐駒ケ岳。

 

☆『地球の歩き方』北杜・山梨特派員ブログ、更新しました。

【パノラマリフトで空中散歩~標高1900mで珈琲タイムしよう!「サンメドウズ清里」&「清里テラス」】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

I answer only Japanese.

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.