CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

夜明けの月

朝6時。真っ暗ななか新聞をとりに行くと、東の空に三日月が輝いていた。

細く尖って金色をしている。

「きれい」

思わずひとりつぶやいた。

いつもはわたしが朝食の支度をしているあいだに、ストレッチを終えた夫が新聞をとりに行くのだが、その日に限りわたしがとりに行った。

「寒すぎる朝は、高血圧にはよくないみたいだから」

ちょっとした気持ちで言ったそのひと言を、褒められたような気分だった。

 

『月の名前』(deco)という本を見つけた。月の写真図鑑のような本だ。

日々楽しんでいる『空の名前』の二番煎じ的な感じはするが、月のこと知っていくのもおもしろいかも知れないと購入した。

火曜の明け方に見た月は、下弦の月だった。

月の左半分が照り輝いている。夜から、朝の東の空に現れる。月の入りのとき、弦が下方に来るが、じっさいは日中なので見えない。「下つ弓張(しもつゆみはり)」とも。「下り(くだり)月」「降り(くだり)月」「望(もち)くだり」

その瞬間にしか見られない、神様からのプレゼント。

夜明けの月を胸にしまって、朝食の支度の続きをした。

CIMG7500月の写真は撮れませんでしたが、きのうは八ヶ岳がとっても綺麗でした。

CIMG7502青い色も白い色も深く、澄んでいます。

CIMG7504最高峰赤岳です。

CIMG7506螺旋のような形が素敵な権現岳。

CIMG7040『月の名前』です。これから楽しんでいきます♩

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG6581

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.