CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

大寒波、居間まで

きのうの朝は、ひどく冷え込んだ。

薪を燃やしても燃やしても、部屋が温まらない。大寒波は、我が家の居間にまで押し寄せていた。

「これじゃ、寒すぎるよ。床暖房を見直そう」

朝、夫が言い出した。

彼は、朝食前に床の上でストレッチをするので、キッチンに立っていたわたしより、床の冷たさを痛いほど感じたのだろう。

 

我が家は東京電力と「電化上手」というプランで契約している。

夜間午後11時から午前7時までがいちばん安く、昼間午前7時から午後5時までがもっとも高い。朝晩午前7時から10時までと午後5時から11時までが、その中間だ。なので安い時間にタイマーで床暖房をつけ、朝起きたときには居間が暖かいようにしていた。

「でも、高い時間に床暖房入れたら、電気代はねあがっちゃうよ」

タイマーをかける時間を検討しつつ言うと、夫が言った。

「節電、節電って、寒い部屋にいるんじゃ、暖房の意味ないんじゃない?」

ハッとした。そうだった。この極寒の時期に部屋を暖めることが、いちばんの課題。暖かく過ごせる範囲のなかで節電を考えるべきだったのだ。

 

ひとつのことに気をとられて、ものごとの本質を見失ってしまうことって、ほんとうによくある。読んだばかりの『マスカレード・ナイト』にも、こんなシーンがあった。

尚美は急いで頭の中を整理した。代替案を出すには、客の要求の本質を理解しなければならない。今、この場で求められていることはなんだろうか。

「いっておくけど、別の女性をさそうなんてのは論外だ。それなら一人で食事をしたほうがましだ。日を改めて、というのもなし。僕は元日には出発しなきゃいけないからな」

つまり時間制限があり、会食の相手はあの仲根緑という女性でなければならないわけだ。いや……尚美は気づいた。日下部の目的は食事をすることではないはずだ。

一目惚れした見ず知らずの女性と今夜食事がしたい。そんなむちゃくちゃな客の要望に、それでも尚美はコンシェルジュとして誠実に応えていく。

 

本質を見極めることって、どんな仕事でも大切になってくるんだろうな。そう。主婦の仕事でもね。

CIMG6569薪ストーブくん、がんがんに燃えてくれてるんだけどな~

 

☆『地球の歩き方』特派員ブログ、更新しました。

【まったり〈こたつdeマルシェ&裏KURIライブ〉行ってきました~『仁田平マルシェ』】

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG0887

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.