CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

小さな穴

庭の北側で、苔にうずまっているけろじを見つけた。

冬眠から目覚めてはいだしてきたばかり、といった様子で、見るからに眠そうだ。

すぐ近くに山栗のイガが落ちていたので、心配になってどかそうとしたら、夫にいさめられた。

「そういうことは、しちゃいけない」

自然のなかの生き物は、自然のまま生きるのがいちばんいいということだろう。

イガをそのまま残し、その場をあとにした。

夕方、ふたたび見に行くと、けろじはまだ苔のなか。

「まだ、眠いんだね」

聴こえないようにそっとつぶやき、家に戻った。

 

翌朝見に行くと、もうどこにもいなかった。

小さな穴だけが、森閑を漂わせ残っている。

ここからけろじがはいだしてきたことを知らなければ、目に留めることもないような小さく何の変哲もないただの穴だ。

こんな穴が、庭中に、いや、この季節日本じゅうにある。

誰も目に留めることのない日本じゅうの小さな穴を、目を閉じて静かに思った。

苔に埋もれていました。

可愛い♡

近くに山栗のイガが落ちていて、心配でした。

翌朝、お布団を出た後だけが残っていました。

こちらは、テッポウユリの葉にいた別のけろじです。

こちらは、紫陽花の葉陰で眠っていたけろじ。春眠。ねむいね~

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.