CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

日常のなかのワンシーンから

「あ、竜巻!」

と言っても、小さな小さなものだ。

庭仕事をしていて、枯れ葉を集めた箕(み)のなかで、一瞬枯れ葉がくるくると渦を描いた。箕のコの字型になった囲いが、風の舞を誘ったのだろう。

まるでダンスを踊っているかのようで、しばし見入ってしまう。

 

しかし水や火がそうであるように、風も小さなもの、人の手に負えるものは、歓迎されたり便利に使われたりもするが、大きな災害を引き起こすものもある。

竜巻もそのひとつだ。

小さな竜巻を見て、東野圭吾の『ラプラスの魔女』を思い出した。

「おかあさん、しっかりして。今、お医者さんを呼ぶから」

円華の呼びかけがきこえているのかどうかはわからなかった。だが美奈は微笑んだ。それから唇が少し動いた。

「えっ、何?」円華は母の口もとに耳を近づけた。

よかった――美奈はそう呟いたようだった。その後、ふたたび目を閉じた。

プロローグで、主人公円華は、母親の美奈とともに竜巻に遭う。

美奈は自分の危険をかえりみず娘を安全な場所へと誘導した直後、吹き飛ばされてしまった。そして娘のぶじに安堵して死んでいく。その経験が、のちに円華の人生を大きく変えることになる。

 

庭仕事の手を動かしながらも、『ラプラスの魔女』のいくつかのシーンを思い浮かべた。そしてそこから派生し枝分かれしていく様々な思いが、くるくると小さな竜巻に舞う枯れ葉のように舞っては飛んでいく。

こういう日常のなかのワンシーンから、読んだ本や登場人物や会話なんかをふと思い出すのも、読書の楽しみのひとつ。至福のときとも言える。

庭仕事を終え、ふたたび『ラプラスの魔女』を探し、開いてみた。

AKN_1144

きのうは芝桜を植えました。駐車場脇に少しずつ植え足しています。

AKN_1153雪柳の白とのコントラストを楽しもうとピンクを。がんばって根づいてね。

CIMG9555

これが「箕」です。ご存じですよね。わたしは明野に越してくるまで、使ったことがありませんでした。

CIMG9539けろじが、今年お初のお目見え。おはよう! 眠そうだね。

CIMG9546元気に飛び跳ねて、石段を上り隣りの林へ行ってしまいました。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

随筆かきます。

 

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.