CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

映画『グリーンブック』

飛行機で観た映画『グリーンブック』に、とても印象的な言葉があった。

親父に言われた。

「目の前のことに全力を注げ。仕事なら仕事。笑うなら笑う。食うときは最期のメシだと思って食え」

フライドチキンを食べたことがないというドクターに、トニーが食べてみろと強引に薦めるシーンだ。あまりにも美味しそうに食べるトニーに半ば呆れつつ、ドクターが問うた答えがこれだった。

 

1962年。カーネギーホールで暮らす黒人の天才ピアニスト、ドクターは、いまだ差別が根深い南部へのツアーを計画する。運転手として雇ったのが、一流ナイトクラブの用心棒トニーだ。無学でガサツだが腕っぷしはめっぽう強く度胸がある。まったく正反対の性格のふたりが繰り広げるロードムービーだ。

タイトル『グリーンブック』は「黒人用旅行ガイド」で、黒人を受け入れる宿や食事ができる場所が記されていた。

多くのトラブルを通過しながら、ドクターはトニーの、トニーはドクターの、人としての魅力に惹かれ合っていく。

 

そんなトニーの人となりは、家族愛あふれる大食漢で、単純明快。

冒頭の言葉は、それをとてもよく表している。

妻への手紙に「ドクターは淋しそうだ」と何度も綴るトニーは、ひとり淋しい気持ちを抱えているのはよくない、生きているなら楽しくやらなくちゃという、まさに単純明快な持論があるのだろう。

目の前のことに全力を注げ。

愛あふれるトニーのセリフが、わたしのなかにピアノのリズムとともに響き続けている。

映画パンフの写真がないので、咲き始めた水仙を。

寄り添うように咲く子もあり。

1輪パッと咲く子もあり。やわらかな黄と濃い黄色のコントラストが、きれいです。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CAPTCHA


PROFILE

プロフィール
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

『地球の歩き方』北杜・山梨ブログ特派員

 

 

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2020年5月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.