CATEGORY

BACKNUMBER

OTHER

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

春の雪

温かな雨が降ったと思ったら、今度は雪が降った。

日も暮れてカーテンを閉めたあとに降りだした雨の音が、やけに大きく響くので、ずいぶんと大粒なのかと思っていたら、みぞれだったらしい。

20時過ぎ、夫を迎えに外へ出て驚いた。駐車場も車もいちめんが真っ白になっていたのだ。すでに雪を降らせた雲は流れ、満天の星空がその雪を照らしていた。

「今日、タイヤ交換の予約したところなのに」

まるで、空の上から見ている誰かに、まだ早いんじゃない? と諭されたような気分になる。それでも道路に積もることはなく、駅までの道のりには何も心配はなかった。

 

「どこ、行ってきたの?」と、車を見るなり夫。

韮崎駅前のロータリーで、雪をかぶっているのは、うちの車だけだった。

「どこにも、行ってないよ」と、わたし。

「だって、雪降ってないじゃん」

「韮崎に降ってなくても、明野には降ったの」

そんな会話をしつつ、20分弱の道を上っていく。上っていくが、明野に入っても雪はまったく積もっていない。

「明野にも、積もってないじゃん」

「あれ? おかしいな。どこから雪だったんだろう」

下るときには気にも留めていなかったのだが、上っても上っても、白いものは見えてこない。

「いったいどこに、行ってきたの?」

「だから、行ってないってば」

そんなふうに言いあいながら、車を走らせる。そして、ようやく雪が見えてきたのは、なんとお隣りの家の前からだった。

「ほんとに、積もってる」

「ほとんど、うちから上にだけ積もったんだね」

ふたり苦笑しながら、車を降りた。あたりまえだが、雪の降る場所にも始まりと終わりがあり、内側と外側がある。凍った雪を、星々が白く白く照らしていた。

「あの星が見える場所にも、始まりと終わりがあるんだよね」

自分がいる場所の広さと狭さを、星々と白く光る雪に見た気がした。

CIMG5231翌朝の庭です。西側、ウッドデッキがある方。煉瓦の上の台には、野鳥たちのために水と餌を置いています。

CIMG5232うっすらと積もって、でもしっかりと凍って。

CIMG5243今年いただいた薪も、雪をかぶっていました。

CIMG5234東の玄関側の水仙の蕾の周りも、凍っています。

CIMG5236びっきーが眠る場所も、真っ白になっていました。

CIMG52402階の窓から眺めた風景です。越してきた頃には、八ヶ岳がきれいに見えたんですが、お向かいの松が伸びて今は半分だけ。

COMMENT

管理人が承認するまで画面には反映されません。

CIMG6895

PROFILE

プロフィール
2016-10-02-11-07-59-1
水月 さえ

随筆屋。

1962年東京生まれ。

2000年に山梨県北杜市に移住。

夫が営む広告会社で経理を担当。

2012年から随筆をかき始める。

 

妻であり、母であり、主婦であること、ひとりの人であることを大切にし、毎日のなかにある些細な出来事に、様々な方向から光をあて、言葉を紡いでいきたいと思っています。

 

随筆かきます。

依頼はメールフォームからお願いします。

ご意見などのメール

CATEGORY

カテゴリ

BACKNUMBER

バックナンバー

CALENDAR

カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

はりねずみが眠るとき

昼寝をしながら本を読み、ビールを空けて料理する日々

COPYRIGHT © 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI. ALL RIGHTS RESERVED.© 2016 HARINEZUMIGA NEMURUTOKI.